3ステップで高橋先生に学ぶ、500円からできるはじめてのNISA

読了目安[ 3 分 ]

マイナス金利の導入で、わたしたちの貯金や預金がどうなると戦々恐々な昨今。

これではまるで銀行そのものが巨大な貸金庫になるみたいなものようなので、ランチ代を削ってブタの貯金箱に毎日コツコツとワンコイン貯金でもするのか…。

ちょっと待ってください!同じワンコインを貯めるなら、ブタ貯金よりもよい方法があります。それがNISAです。NISAとは、毎月500円からでも始められる投資。しかも運用益に税金がかからないという超お得な制度とのこと。これはやらない手はありません。

マネーゴーランドのイケメンファイナンシャルプランナーでおなじみの高橋先生から学ぶ、「はじめてのNISA」を超ビギナー視点で独自にセレクトしました。迷っている時間はありません(とくに自分)!さあ、いっしょにはじめましょう!

Step1 投資利益が税金がかからない!NISAのしくみ

銀行の利息にも税金がかります。だいたい100万円を1年預けて10円にしかならない現在、これに利息とるって、なんだか銀行ってベニスの商人の悪徳商人みたいに思えてきました(泣)。だから、投資した利益が年間120万円(ジュニアNISAは100万円)まで無税!というのはもう、なんだか盆と正月が一度にきたような大盤振舞いなサービスなわけです。

▽『Step1』、詳しくはこちら!
500円からでも投資はできる、今さら聞けないNISAとは

Step2. NISA口座は一人ひとつだけ、金融機関を吟味しよう

NISA口座はひとり1つだけしか作れません。したがって、口座開設がじつは重要なポイントになります。なぜって、金融機関によって、取り扱う金融商品が異なるからです。いつも使っているからといってメインバンクに口座を開いても株式は取り扱いできません。証券会社であれば、株式でも債券でも投資できますが、扱う種類は証券会社によって全然違います。それと取引手数料も別です。ほんとにどうすればいいの?て感じで泣きたくなりますが、ここはじっと堪えて、「何に投資したいか?」 「手数料は?」の2つのポイントをチェックして乗り越えましょう!

▽『Step2』、詳しくはこちら!
NISA、どこで何に投資するか?

Step3. 投資信託の「バランスファンド」を選ぼう

口座は開設したけどいったい何を買えばいいの?初心者は最初の一歩がなかなか踏み出せないものです。清水の舞台から飛び降りる気分になってしまいますよね?安心してください。投資信託は、プロが運用します。投資をするときに大事な考え方が「分散」。一点集中や一度にたくさん買わずに、複数の株式や債券に適度なタイミングで投資するのがベスト。それには、投資信託の「バランスファンド」から始めるのが、オススメです。

▽『Step3』、詳しくはこちら!
NISA活用法、投資初心者はこう使え!

最後に、マネーゴーランドのファイナンシャルプランナーに、はじめてのNISAのオススメファンドを聞きました!具体的なファンド名があります。

【2月13日NISAの日】NISA/ジュニアNISAの超カンタンおさらい

【2月13日NISAの日】NISA/ジュニアNISAオススメファンドは?

まだまだあります! 高橋先生のNISA関連の動画はこちら

話題のNISAって?

ジュニアNISAて?

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。