選ぶ車でさらに賢く残価ローンを利用する

1

読了目安[ 3 分 ]

高額な車をわずか半額で購入することができる残価設定ローン。たとえば500万円の車も半額の250万円だけで購入できるので、ワンランク上の高級モデルを選ぶことができます。

残りの半額はローン最終回に“後まわし”ができるため、毎月の支払額や頭金を減らすことができて家計に負担をかけることがありません。そんな残価設定ローンにひと工夫をすることで、さらにお得な買い物ができるようになります。

1,後まわしにできるお金は一律ではない
新車価格の一部を“後まわし”にして、残りの金額でローンが組めるのが残価設定ローンの特徴です。後まわしにできるお金のことを「残価」と呼び、新車価格に対する残価の比率のことを「残価率」と呼びます。残価率が高くなるほど後まわしにできるお金が増えるため、毎月のローン額や頭金が減ることになるのですが、この残価率は車種によって大きな違いがあります。

2,中古車になったときに高く売れる車を選ぶ
残価率は車を販売するディーラーが決めるのですが、自由に残価率を設定しているわけではなく、ある法則をもとにして決めています。それは「中古車になったときに高く売れるか」ということ。中古車になったときに高く売れる車は残価率が高く、そうではない車は残価率が低くなります。

3,人気が高く発売直後の新車を選ぶ
では「中古車になったときに高く売れる車」とはどんな車種なのでしょうか。それは「人気」が高く「発売」されたばかりの新車を選ぶということ。中古市場は新車時の価格はあまり関係がありません。それよりも「人気がある=買いたい人が多い」ことと「発売されたばかり=中古になっても新しい車」ということが重要なキーワードになってきます。

4,みんなが憧れる車ほど残価ローンでは有効
狙っている車があったら発売された直後を狙うこと。そして新車価格を気にせずに人気のあるモデルを選ぶこと。この2つに気をつけて残価設定ローンを利用すれば、他モデルよりも高い残価率で購入することができます。みんなが振り返る人気の最新モデルを選ぶことが、残価設定ローンでは有効です。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。