荷物が少ない引越し、宅急便のほうが安く済む場合もある

1

読了目安[ 3 分 ]

春は、入学や就職、転職や異動で新しい土地に移ることが多い時期です。そんなとき、付きまとってくる難題があります。そう、引越しです。

毎回複数の引越し業者から見積りを取っている方も多いでしょう。そのなかで一番安い業者を使うとしても、引っ越し代は高いですよね。でも実は、荷物が少ないときは宅急便のほうが安く済む場合もあるのです。

1.宅急便で引越し
2015年の宅配便の市場シェア、45.4%がヤマト運輸です。2位は佐川急便の33.5%。そんなヤマト運輸のサービスといえば皆さんご存知クロネコヤマトの宅急便。
連絡すればすぐに集荷にきてくれて、配送の時間帯指定もできる非常に便利なサービスです。料金も一番大きな160サイズ(縦、横、高さ3辺の合計が160cm以内で重量25kgまで)を関東から関西に送った場合で1,836円とリーズナブルです。

そんな宅急便を使って引越しをしてしまうというのが今回のお得な方法です。もちろん、条件次第では割高になってしまったり、そもそも運べないものがあったりもするので要注意です。

2.どんなケースがお得か
引越しといっても様々なケースが考えられます。家具家電付きの部屋に住んでいる方もいれば、荷物の多い人、少ない人。そんな中、引越しの荷物が以下の条件にあてはまった方はチャンスがあります。

  • ヤマト160サイズの段ボールに収まる荷物しかない
  • 1箱25kg以内の一人で運べる荷物しかない
  • 段ボールの数が極端に多くならない

条件の中で一番難しいのがやはり段ボールに入るか入らないか。大型テレビや冷蔵庫などの家電製品やベッドやタンスなど大型家具がある場合はこの方法は使えません。

たとえば、東京大阪間の単身者の引越しを業者に頼んだ場合、安くともおよそ70,000~100,000円程度はかかってしまうことが多いです。それが160サイズの段ボール20箱に抑えれば、36,720円。かなり金額に差があるのがお分かりいただけるでしょう。

浮いたお金で新生活の準備をするのもよし、新しい家具家電を購入するのもよし。検討してみてはいかがでしょうか。ちなみにヤマト運輸、そんなニーズにこたえてか、単身引っ越しサービスというおよそ押入れ1個分の大容量を宅急便感覚で届けてくれるサービスも実施しています。料金は同一市内で最安14,000円からとのこと。こちらもWEB割引や早期割引、平日割引などお得な割引があるので検討してもよいでしょう。

引越し業者も千差万別、料金だけでないのはもちろんですが、どうせならお得に済ませたいものです。様々なサービスを比較検討することで自身に合った最適なプランを検討しましょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。