狙い目は2~3月!新生活を機に車を買うあなたへ、お得な車の購入法

2

読了目安[ 3 分 ]

新生活を機に車を購入しようかとお考えのみなさん、今です!

実は、2月から3月が車、しかも新車を購入するにはとってもお得な時期なのです。新生活のタイミングとお得な購入時期が同じなんて、そんな都合のよいことが?あるんです!その仕組みと、よりお得になる購入方法をご紹介します。

1、メーカーもディーラーも、2月~3月で売上台数を稼ぎたい
2月~3月といえば、いわゆる「決算期」。メーカーもディーラーも、売上のラストスパートをかけてくる時期なのです。メーカーはより多く自社製品を売って欲しいために、ディーラーに対して販売台数へのマージンアップなど、様々な施策を打ち出します。ディーラー側は、その大きなマージン獲得のために販売台数を必死に伸ばそうとするのです。ちなみに、販売台数にカウントされるのは登録済の車なので、契約しても登録が済んでいなければ台数に販売台数にカウントされない仕組みになっています。つまりディーラーは、3月末までに登録できるようスパートをかけるというわけです。

■値引きよりもマージンの方が大きい
メーカーからディーラーへ支払われるマージンは、期初に設定される契約台数に対して支払われる場合が多いです。つまり、1台につき2万円のマージンにするから決算までに売って欲しい!とメーカーが言うとすると、ディーラー側は、当初15000台で設定していた販売目標を5000台増やして20000台にすることで、5000×20000で1億円のマージンを追加で獲得しようとするわけです。極端な話、1億円分値引きしたとしてもディーラー側は全く損をしないということですね。

2、お得な時期に、さらにお得に購入するには
上記でご説明したとおり、ディーラーは、3月末までに登録できる車に対して熱くなります。ですから、3月末までに登録する計画で商談を進めましょう。他にも、モデルチェンジ間近の車種を狙う手もあります。モデルチェンジをしてしまうと、旧型の在庫が残ってしまうことになるので、ディーラー側はなんとか売ってしまいたいのです。
その他には・・・

・3月末直前の短期決戦
交渉時に、わざとハードルが高めの値引き希望額を提示してみましょう。この時期必死になっているディーラーなら、希望値引き額そのままとまではいかなくとも、近い額の値引きが期待できるかもしれません。

・メーカー同士で競わせる
同じクラスで異なるメーカーの車と迷っているという主旨を伝えると、こっちで購入してもらおうと値引きをしてくれる可能性があります。「あっちは○○〇万円だったからな~。」など、交渉トークでより高い値引き率を引き出しましょう。

新車購入をご検討のみなさん、これをご覧になったら今すぐ!ディーラーに問合わせるしかありませんね!

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。