祖父母への卒園祝いの内祝いは、手作りで感謝の気持ちを伝えましょう!

1

読了目安[ 3 分 ]

おじいちゃん、おばあちゃんから頂いた卒園祝いの内祝い、いったい何をお返しすれば良いのでしょう。

お花や和菓子の詰め合わせ、タオルなどのギフトセットではなんだか在り来たりですよね。せっかく可愛い孫のためにお祝いしてくれているのですから、ここは卒園を迎えた子供に関係するものを手作りしてみてはいかがでしょうか。孫の成長も見られて、きっと喜んでもらえると思いますよ。

1、100円グッズでアルバムや特製食器をつくる
・入園から卒園までの成長記録!アルバム
入園式から卒園式まで、日々の子供の成長をたくさん写真に収めている方は多いはず。スマホやデジカメに残っているデータを有効活用しましょう。100円ショップのアルバムケースを子供にデコレーションしてもらったり、画用紙に穴を開けてリボンで結び冊子にして、そこに写真を貼り付けていったりと様々な形のアルバムを作ることができます。子供が描いたおじいちゃん、おばあちゃんの似顔絵が表紙を飾っていたら、とっても喜ばれるでしょうね。
・湯呑みやマグカップなどの食器にお絵かき
オーブンで使用できる耐熱容器の食器に油性マジックで子供に絵を書いてもらって、特製の食器をプレゼントしてみては?作り方はこちら。
1.耐熱食器をしっかりと洗いましょう。
2.油性マジックで子供に絵を描いてもらいます。似顔絵や「ありがとう」といったお礼もよいですね。
3.お絵かきが済んだ食器を、180度に温めたオーブンで30分焼きます。
4.焼き終わって冷ましたら、キレイに洗って完成です。
耐熱容器は100円ショップでも購入可能なので、お安くかつとても活用的なプレゼントになりますよ。
2、一味ちがった特製クッキー
子供と一緒にクッキーをつくるのもアリ。ただのクッキーではなく、おじいちゃん、おばあちゃんへの特製クッキーに仕上げましょう。
・似顔絵&メッセージつきクッキー
薄くおおきめのサイズのクッキーを焼いて、チョコペンやアイシングで似顔絵やメッセージをデコレーションします。全てを子供に描いてもらっても良いですし、手を取って一緒にデコレーションしても良いですね。その様子を写真に収めて一緒にプレゼントすれば、特別感がより一層高まります。
・手がたクッキー
子供も楽しんで作ることができる手がたクッキー。作り方は至ってシンプル。成形したクッキー生地に、子供にぺたっと手がたを押してもらうだけ。もちろん、手がたのまわりをデコレーションしても可愛いです。

既製品ではなく、子供と一緒につくった一味ちがう内祝いで、感謝の気持ちを伝えましょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。