稼ぐチャンスは1日4回! 為替が動く時間帯を狙おう

稼ぐチャンスは1日4回! 為替が動く時間帯を狙おう
236

読了目安[ 3 分 ]

FX市場は眠らず、24時間取引が可能

そのため、ライフスタイルに合わせ、場所と時間を選ばず取引できるのがFXの特徴ですが、利益を狙うためには、取引が活発になり為替が動く時間帯を狙う必要があります。
そのチャンスは1日4回。時間帯ごとにポイントがあるので、一緒に見ていきましょう。

為替が動く時間帯1:日本時間の午前8時〜9時

経済・マーケットが活発に動き出すのが午前8時。
ウェリントン市場(ニュージーランド)、シドニー市場(オーストラリア)、東京市場と順に開いていきます。
特に、月曜日は要注意。週末に起きた「国際会議などの経済イベント」「中央銀行総裁や政治家などの主要人物の発言」「経済状況」「事件・事故」の影響結果が集約されて為替に反映されます。
大きなニュースがあった場合、早朝6時の時間帯に、機関投資家の取引が始まるため、値動きがありますのでこちらも注目しましょう。

為替が動く時間帯2:日本時間の午前10時半〜11時半

最近何かと注目されている中国の上海市場。
この上海市場が動きだす時間帯が午前10時半。
中国はGDPが世界第2位の経済大国であり、株価だけでなく為替にも大きな影響を及ぼします。
また、中国の経済指標発表にも注目です。年初の株価暴落・円高の原因は、中国経済が大きく寄与しております。

為替が動く時間帯3:日本時間の午後4時

ヨーロッパ市場・ロンドン市場が活発に動きだす時間帯が、午後4時。アジア勢に、欧州勢の参加者が加わることで取引が活発となり、為替が変動します。現在は落ち着きを取り戻していますが、ギリシャショックで世界経済を騒がしていたのは記憶に新しいでしょう。
ヨーロッパ各国の経済指標発表も順々と行われていく時間帯ですが、世界第4位のドイツ経済には要注目です。

為替が動く時間帯4 日本時間の午後9時半〜11時

ニューヨーク市場が開き参加者が一気に増加。
24時間の中で、為替が最も動く時間帯が午後9時半から11時です。
いわば、”プレミアタイム”の突入です。
このプレミアタイムは、仕事から帰ってきたり、家事がひと段落したりと、ゆっくりできる時間帯でもあります。
どうしても忙しい方は、この時間帯だけに限定して取引を行うことにしても良いでしょう。
午後9時半から重要な経済指標が順次発表されます。
特に重要なのは、毎月第一金曜日に発表される雇用統計です。
この日は、FX投資家の中では、「お祭り」と言われるほどです。

以上のように時間帯ごとの値動きを把握しながら、戦略立てていくことが大切です。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。