大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』第41回 「どこを見るかで成果は変わる!」

1

読了目安[ 3 分 ]

「ぶっちぎり社員育成塾」の第41話です。

物事を見る時に、どこを見てますか?

ちょっとわかりにくいですかね。
仕事をしてると、いろいろなことが起きます。
その、どの要素を見てるか?って話しです。

簡単にいうと、『出来てるところ』と『出来てないところ』のどっちを見るか?ということ。
こういうと何が言いたいのかわかっちゃうと思いますが・・・・・。

はい。
出来てる方を見た方が良いです。
その方が成功に近づきます。

結構多いのが、出来てない方を見てしまうパターン。
出来てないことを課題にして、それを解決しようとする。
それはそれで大切です。

ただ、それだけやっててもダメなんですね。
出来ないことというのは、マイナスの要素です。
マイナスの要素を無くすだけでは、プラスの要素は生まれません。
欠点は減るかも知れないけど、武器はできないんですね。

工場とか、マイナスを減らして精度を高める仕事の場合は、それも合ってるかも知れない。
でも、開発系、営業、サービス業などの、人を相手にしたり新しいものを生み出す仕事は、それではダメです。

なので、何かを生み出す思考というのは、欠点をなくすというのではなく、武器を磨いたり、武器を生み出したりすることなんですね。

武器を磨くというのは、『今あるもの』にフォーカスして、それを伸ばすということです。
出来てないところを見るのではないです。
出来てるところを見るのです。

これをやるメリットは他にもあります。
人は、出来ないところばかり見ると、モチベーションが落ちてくる可能性が高いです。
モチベーションは、行動する上で必要なものです。
それが下がらないようにするのは、大事なことです。

出来てるものを見て、それを伸ばす。
そういう意識でやってみてください。

具体的には、売上が下がってるとしたら、下がってる理由を見つけて対処するのでなく、売れてる理由を再度見直すということです。

下がってても、売上がゼロっていうことはないはずです。
ということは、売れてる理由があるはずです。
であれば、売れてる理由を明確にして、他のお客さんに、それを伝えて行けば、もっと売れるようになるかも知れません。
そういう考え方です。

今日からは、出来てるところにフォーカスして、それを伸ばしてぶっちぎってください。

若手育成コンサルタントによる「社員育成塾」

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。