卒論の息抜きに…映画を見るなら20時以降がお得!

読了目安[ 2 分 ]

大学4年生にとって、今は卒論の時期です。

一日中大学や研究室、図書館で過ごしている方もいるかもしれませんが、そんな状態で卒論を書き続けても効率は悪くなる一方です。でもどうしたら良いか。卒論でバイトも入れず、卒業旅行を控えた身としては極力お金をかけたくないでしょう。そんなときは20時以降のレイトショーを見て、お得に息抜きをしましょう。

レイトショー割引とは

2015年12月現在、全国のスクリーン数は3,437あります。そしてそのうちの2,996が同一の施設に複数のスクリーンがあるシネマコンプレックスのスクリーンです。これだけあればきっと見たい映画もあるはずです。

また、郊外の大型ショッピングモールに出店するイオンシネマや、都心に多く出店しているTOHOシネマズなどは皆さんも一度は目にしたことがあるでしょう。ショッピングモールであればついでに買い物もできますし、食事もできて便利です。またTOHOシネマズは女性をターゲットにシートの仕切りや化粧直し用のゆったりした化粧室などうれしい心配りが良いですね。

そんな2つの映画館、実はどちらもレイトショー割引を実施しています。映画の通常料金は1,800円、学生で1,500円がほとんどです。どうしてもやや割高に感じてしまいますね。そんなとき、20時以降のレイトショー割引を利用すれば500円割に気の恩恵を受けることができるのです。

もちろん、すべての映画館で割引を実施しているわけではありませんし、そもそも20時以降のレイトショー上映自体をやっていない映画館も多数ありますが、ぜひお近くにの映画館を調べてみてください。大学や研究室、図書館が閉まってからの息抜きにはちょうど良い時間です。レイトショーでしか上映できない作品もあるので映画好きにもたまりませんね。

卒論のような長期的な作業は、適度にリラックスをしながら作業しなければなりません。時間も遅くなりがちなことから、お得に映画を見て、卒論で疲れた頭を適度にリフレッシュしてみましょう。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。