マイナス金利って・・・!?私たちの預貯金、どうなるの?

読了目安[ 2 分 ]

2016年2月16日、ついにマイナス金利政策がスタートしました。1月29日の日銀の決定以来、マイナス金利の影響などについては毎日のようにニュースでも取り上げられていますが、よくわからないため不安に感じているという人も多いのではないでしょうか。

マイナス金利って?

ではこのマイナス金利とはいったいどんなものなのでしょう?普段みなさんが銀行にお金を預けると、預金額に応じた利息を受け取ることができますよね。ところが、マイナス金利の場合は、お金を預けた時にもらえる金利がゼロ%を下回るということ、つまりお金を預ける方が利息を払わなければならなくなるということなのです。

「銀行にお金を預けると減ってしまうの・・・?」と心配そうな声が聞こえてきそうですが、今のところは銀行が日銀に預けるお金の一部の金利だけが対象になっているため、当面は私たちが預けている預貯金の金利がマイナスになることはなさそうです。

とはいえ、高い金利で人気のネット銀行でも金利を引き下げた銀行が出ていますし、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行など大手都市銀行なども相次いで長期間の定期預金の金利の引き下げを行っています。

ただでさえ低い金利がさらに下がるのか・・・とがっかりしている人もいるかもしれませんね。そんな中でも「プロスポーツチーム応援」や「ふるさとの応援」などで金利を上乗せしたり優遇金利を適用する金融機関もありますので、いくつかご紹介しましょう。

千葉興業銀行「千葉ロッテマリーンズ応援定期2016」では、預入金額10万円以上(1年もの限定)で年0.1%の金利が適用されます。山形銀行の「モンテディオ山形サポーターズ定期預金2016」の場合、チームが勝つたびに金利が上乗せされます。どちらの定期預金も、抽選でオリジナルグッズが当たることも。好きなチームを応援しながら、高い金利が受け取れるのは魅力的ですね。

またふるさと納税をすることで特産品やキャッシュバックだけでなく、高い金利がもらえる定期預金もあります。鳥取銀行とっとり砂丘大山支店の「故郷とっとり応援定期」は、鳥取県外に住む人が対象で、500万円を預け入れると年0.4%の高い金利がつくだけでなく、利息1万円が鳥取県にふるさと納税され、地域の特産品なども受け取ることができます。伊予銀行のインターネット支店でも地元愛知県内に5,000円以上ふるさと納税をすれば、9月末残高に応じてキャッシュバックされる上、年0.225%の金利が受け取れます。

超低金利の時代、こうした銀行のサービス、うまく利用したいですね。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。