上手に甘えられるママになろう!察してよは旦那さんには通じない

読了目安[ 2 分 ]

夫婦仲がうまくいっていないときは余計なストレスを感じているため、お金も無駄に散財してしまいがちです。これはどの家庭でも当てはまるのではないでしょうか。

もちろん、夫婦仲が悪いとお金の使い方に影響をおよぼすだけでなく、仕事にも影響を及ぼしますす。そのため、仕事の効率やキャリアアップへの影響が収入に影響をおよぼすことも考えられますね。

ということで産後もどうしたら結婚生活が上手に続けられるのか、今回も日頃数多くの奥様方から話を聞いている産前産後のプロの方にお話を伺いました。

パパに上手に甘えられるママになろう

施術や、お教室を開いていると、色々なママからたくさんのお話を聞きます。

ママによって、価値観が違う・・・

でも、多くの方から感じること、それはパパに上手に甘えられているママが少ないな~ということです。

女性って、なんとなくわかってほしい、察してほしいって思っている人多いじゃないですか!

でも、男性からしたら何か手伝ったりしてあげたいけど、何をしたらいいのだろう?って考えてる方が多いと思うのです。

そして、厄介なコトにその多くのパパ達はこう思うのです。言ってくれれば、なんでもするのに~!!みたいな。

男性に『鶏肉を買ってきて』といったところで、「胸肉かな~? もも肉かな~?」と考えてしまうのです。

つまり、『鳥もも肉を200グラム買ってきて』と言ってもらったほうが、男性には伝わりやすい。

考えればわかるでしょ?察してよ!なんでわかってくれないの?
→残念ですが「察してよ」では男性に伝わるはずがありません。

イライラ、ムカムカの無駄です!

産後、ママがすごく頑張りすぎるコトで、パパも「産後って、意外と大丈夫なんだな~」って感じてしまいます。

怠けるのと、休み時間が必要なのは違います!

体と心のために頑張りすぎる必要なんてありません。

素直に、パパに表現してみましょう。

出産したら、ママに休みはありません。休みをくれるのは、パパをはじめとする、周りでママをサポートしてくれる人たちです。頑張り続けて、ママが心も体も疲れてしまったら、、、困るのは赤ちゃんと、その周りの家族です。

いいですか?もう一度書きます。

パパや支えてくれる人に素直に発信しましょう
ママの心の声は表現しないと伝わりません。

ママは頑張りすぎる必要はありません。
普通でいいのです!

協力および原文:パパに上手に甘えられるママになろう♪(mama loves baby)

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。