イケメンの噺家が大人気!ワンコインでも楽しめる、今話題の「落語」を聴きに行こう

読了目安[ 2 分 ]

最近は、アニメ「昭和元禄落語心中」の放映もあり、「落語」がますます話題を呼んでいます。

先日はついにNHKの朝番組「あさイチ」でも紹介され、「イケメンの噺家たちの登場に、若い女性のお客さんが増えている」という情報に、有働由美子アナウンサーや井ノ原快彦さんが感心する場面も。国内唯一の演芸情報誌「東京かわら版」によると、この数年で落語人気はうなぎのぼりだとか。
そこで、「気になっているけど、なかなか一歩踏み出せない」という人のために、気軽に(お金をかけずに)落語に親しめる方法を提案します。

初心者におすすめの「寄席」は、1日中楽しめるからお得

落語を大きく2つに分けると、演芸場で開催されている「寄席」と、それ以外の「落語会」があります。
寄席は、最も歴史がある鈴本演芸場(上野)や、新宿末広亭(新宿)などが有名。ほぼ年中無休で、お昼から夜の21時頃まで、芸人たちが入れ替わり芸を披露しています。

木戸銭は2,500円〜3,000円といったところ。外出は禁止ですが、客席への出入りは自由なので、1日楽しめると思えばお得感は大きい! なんといっても風情がありますし、落語だけでなく漫才や手品も披露されるので、馴染みやすいという点では初心者にもおすすめです。

チケットの割引は、演芸場によって「学割」「シニア割」「親子割」などがあります。ちょっと変わっているのは、池袋演芸場の「浴衣&着物割引 2,000円」。着物を着て落語を堪能、なんて趣がありますよね。

「落語会」はワンコインから楽しめる!

一方、「落語会」は、ホールや劇場など大きな会場で開催されるものから、カフェやライブハウスなどで手軽に楽しめるものまで様々。中には、ワンコインで入場できる会もあります。寄席とは違い、出演者が絞られているため、「東京かわら版」などで気になる噺家を見つけてから出かけるのもいいでしょう。懇親会がセットになっている会もあって、注目です!

高座を観る前の「お試し」には、この方法

お得に落語を体験してみたい人は、図書館へどうぞ! 多くの図書館には、落語のCDやDVDが置かれているからです。図書館によってラインナップが異なりますので、いくつかの図書館を覗いてみるのも良さそう。しかし、やはり落語はお客様あってのエンターテイメント。気になる噺家が見つかったら、積極的に寄席や落語会へ出かけたいものです。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。