勉強いらず!あなたの記事に1日1000アクセスを呼び込む方法とは?

1

読了目安[ 3 分 ]

ブログや記事の執筆の仕事をしていると、もっと記事のアクセスが増えたら広告収入が大きくなるのに…報酬も上がるのに…と考えることはありませんか?

1日1000アクセスと一言で済ますのは簡単ですが、1つの記事にこれだけ人を集めることはそれほど簡単ではありません。アクセス数を上げるために、一生懸命記事の質を上げる勉強をしている人も少なくないでしょう。
しかし、そのようなライティングの勉強をする前に必ず意識しなければならないことがあります。ここを押さえない状態で、いかに記事の質を上げたところであなたの記事にアクセスは集まりません。どれだけ洗練され、文章の神と崇められ、国民栄誉賞に輝くくらい文章が上手くても、あなたの記事のアクセスは一生上がることはないでしょう。
ですからこのポイントをしっかり押さえてください。
それは記事のタイトルを意識して作るということです。

一般的にタイトルコピーは記事の本文に比べて軽視されやすいです。記事の執筆に1時間かけたのに、タイトルはたった1分で決めたという経験がある人も多いのではないでしょうか。
このようにタイトルコピーはとても軽視されやすいのです。しかし、読み手は記事のタイトルを読むことで、その記事が読む価値があるかどうかを判断します。つまり、いくらあなたの記事が良かったとしても、読み手が読みたい!と思えるようなタイトルでなければ、誰にもその記事が読まれることはないのです。

読まれるタイトルには次の3つの特徴があります。
1. 相手の得になることがタイトルに盛り込まれていること
2. 反常識的なタイトルであること
3. 具体的な数字を入れることです。

例えばこの記事のタイトルを解説してみると、

勉強いらず!あなたの記事に1日1000アクセスを呼び込む方法とは?

というタイトルになっています。
勉強いらず=メリット、反常識的
1日1000アクセス=具体的な数字、メリット

という構成で記事のタイトルが考えられているのです。もしタイトルを読んで思わずクリックしてしまった!という人は記事のタイトルにこの3つのポイントを一度盛り込んでみてください。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。