【2月13日NISAの日】NISA/ジュニアNISAの超カンタンおさらい

1

読了目安[ 5 分 ]

こんにちは。突然ですが、「2月13日」は何の日か知ってますか?

「NISA(に・い・さ)の日」なのです。金融庁がNISAを広めようと昨年より制定しました。編集部では「NISAの日」にちなみ「NISA特集」として、マネーゴーランドに記事を執筆中のファイナンシャルプランナーのみなさまにアンケートを実施しました。マネーゴーランドのメイン読者層である、NISA/ジュニアNISA初心者へのオススメファンドをセレクトしていただきました。ことばはよく耳にする「NISA」ですが、実際にファンド購入までは、、という人がまだまだ多いようです。日銀のマイナス金利施策により、超低金利がさらに低くなり、銀行の定期預金はほぼ金利ゼロの現在、多少のリスクは引き受けても投資をする必要がありそう。まずは運用益が非課税になるNISAからはじめてみる、というのが編集部のオススメです。

(株)プラチナコンシェルジュのファイナンシャルプランナー國場弥生さんに、制度のおさらいやアンケート結果のまとめをしていただきました。全体を2部構成とし、前編は、「NISA」と「ジュニアNISA」の概要のおさらい。後編はアンケート結果とそのまとめです。


新たに創設された少額投資非課税制度「ジュニアNISA」が2016年1月からスタートしました。「ジュニアNISA」は、こどもの将来に向けた資産運用を促進するための制度で、株式や投資信託などに投資して得られた利益に税金がかかりません(一定の条件あり)。成人が利用できる「NISA」も2016年から投資限度額が年間100万円→120万円にアップし、ますます注目されています。

ここで改めて、「NISA」と「ジュニアNISA」について概要をおさらいしておきましょう。
20歳以上の人が誰でも利用できる少額投資非課税制度「NISA」は、年間120万円を限度に5年間、株式や投資信託などに投資して得られた利益が非課税になる制度。例えば100万円の投資元本が3年後に120万円になり、その時点で売却すると利益は20万円です。本来であれば、その利益の20%(4万円)が税金ですが、NISAを利用することで非課税になります。(NISAについてはこちらの記事もご覧ください)
一方、19歳までの人が利用できる「ジュニアNISA」は「NISA」を参考に作られた制度ですが、非課税で投資できる限度が年間80万円となっている点や未成年である本人に代わって親が運用管理を行う点、本人が18歳になるまで現金として払い出すことができない点などいくつかの違いがあります。

例えば、夫婦と子どもといった家族構成なら「NISA」限度額120万円×2人と「ジュニアNISA」限度額80万円×1人で毎年合計320万円分という大きな非課税枠を持つことになります。枠がたくさんあって利用の仕方に迷うときには、目的別に優先順位を考えてみることをおすすめします。子どもが大学や専門学校へ進学したときに使うお金、あるいは子どもが将来自由に使えるお金を準備するという明確な目的があるなら、途中で払い出すことができない「ジュニアNISA」が適しています。親が管理するとはいえ、子どもと一緒に投資について考えることができれば、生きた経済・金融の教材にもなり得ます。老後資金など自分たちが使うため、あるいは使途はまだ決めていないお金は、いつでも払い出すことができる「NISA」が良いでしょう。余裕があれば、親も子どもも1万円ずつ積立投資をスタートするなど、同時並行も可能です。
非課税の対象となるのは株式や投資信託など値動きのある金融商品なので、積立投資は重要なキーワード。大きな値動きにハラハラドキドキしないためには、すぐに使う予定のない“余裕資金”で“一度にまとめて投資しない”が鉄則です。

後編:NISA/ジュニアNISAオススメファンドは?

(執筆:國場弥生

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。