断然お得で移動も楽チン!スキー場へ行くならマイカープラン

1

読了目安[ 3 分 ]

年明けまでは暖冬傾向で雪不足が続き、どこのスキー場も一部のコースしか滑れないかオープンもできないというところが少なくありませんでした。

しかし、ここにきて急に冬将軍の到来により雪不足は解消。ほとんどのスキー場がオープンして全面滑走可能になってきました。親しい友人で集まってワイワイ遊べるスキー・スノボへ今こそ行くチャンスです。そこでお得に楽しむ為のマイカープランのご紹介です。

1. 二名以上ならマイカーがお得
荷物が特に多くなるスキー・スノボは移動が大変です。ウエアにブーツにボードなどを担いで電車に乗るのはかさ張るし重いしで辛いですよね。マイカーでしたら家からスキー場、宿まで積んで運べるので楽チンです。しかも好きな時間に出発して友人たちとおしゃべりしながらドライブ出来るのも魅力的です。そんなマイカー移動ですが、電車と比べると料金的にどのくらい安くなるのか?仮に東京駅から越後湯沢駅直結のGALA湯沢スキー場へ行った場合、新幹線利用では一人往復12,940円かかるのに対し、マイカーでは往復ガソリン代入れて約14,000円(高速道路ETC使用、燃費14km/l、ガソリン価格105円で計算)。4人で行けば一人3,500円という計算に!9,440円も節約出来ちゃいます。これだけ節約できるとリフト券二日分と昼食代まで浮いちゃいますね。

2. 断然お得なリフト券付き宿泊プラン
日帰り旅行ではなく、宿泊してスキー・スノボを楽しむなら断然リフト券付きの宿泊プランがおすすめ。ゲレンデから近い宿はスキー場と提携しているため、格安でリフト券が入るのでスキー場の窓口で買うより圧倒的にお得です。たとえば、池の平温泉スキー場の宿では一泊二食付き、温泉入り放題、一日リフト券付きプランがなんと5,000円からあるのです。通常スキー場窓口で一日リフト券を買うと4,000円するのでいかに破格の料金か分かります。二日間リフト券付きのプランは7,000円。窓口で買うと7,000円。この時点で一泊二食の宿と温泉代がタダみたいになってしまう夢のプランです。他のスキー場でも信じられない格安リフト券付き宿泊プランがありますので行きたいスキー場で探してみましょう。

3. ふるさと割を活用
ここまででも十分お得なマイカープランですが、最大限節約したいなら、ふるさと割を有効活用しましょう。ふるさと割とは国が地方活性の為の交付金でその土地での宿泊に使える補助金です。主にネットでクーポンを取得し予約の際に使います。ただし、利用できる件数の上限がありますので予約はお早めに。各自治体や宿泊費総額によって割引額は違いますが3,000円引き、中には20,000円引きというのもあります。これを使ってちょっとグレードの良い旅館やホテルにゆっくり泊まってスキー・スノボを楽しむなんていうのもいいですね。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。