ペット保険に入るポイント、どれくらいの病気や怪我を想定しておくか

読了目安[ 3 分 ]

近年耳にするようになったペット保険。入ったほうがいいのかどうかを迷っている方、今まさに検討しようとしている方も多いのでないでしょうか。

わが子のようにかわいがっているペットが、突然病気になってしまうこともこの先ないとはいえません。そんな時に保険に入っていてよかったということもあるでしょう。あるいは、事故にあって怪我を負ってしまった。そんなリスクも0ではありません。とはいえ、保険なのですからお金はかかるものです。これから先どれくらいの病気や怪我を想定しておくかで保険に入るか入らないかを検討していくことが大切です。

1.比較サイトを見て検討する
ペット保険に入るとする場合に、どの保険を選ぶかは、迷うところです。最近ではインターネットで保障内容や月々の返済額などを一覧形式で比較できるサイトもあります。月々の保険料はおよそ1000円前後で手術が必要な場合は90%を保障してくれる保険や手術後の入院保障を含め全額保障してくれるというリッチな保険までさまざまあります。こういった保険サイトを見てから加入を検討するというのもひとつの手です。

2.ペット保険の専門家に相談してみる
ペットの種類や年齢などによってこれからの病気や事故などのリスクはさまざま。いくら毎日一緒にいるペットとはいえ、これから何が起こるかまでは想像ができない場合もあります。そんな時は、ペット保険の専門家に相談してから決めるのもおススメです。たとえば、アクサダイレクトのペット保険24時間ペット健康相談サービスでは、相談料無料で24時間365日、獣医師がペットの健康状態や処置方法などを相談することができます。通話料金はかかるものの、近所に病院がないという方や、ペットに異常があるときや様子がおかしいときなど、リアルタイムで獣医さんとお話できるというのがメリット。病院に連れて行った方がいいのかわからない場合などは専門家に相談してから決めるという場合にもおススメです。

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。