義理チョコでも周りと差がつく、節約レシピ

読了目安[ 2 分 ]

今年のバレンタインデーは日曜日。

職場の上司や同僚に渡さなくても大丈夫!・・・とは、なかなかいかないものですよね。他にも、習い事や飲み会、合コンなどで男性陣に会うことがあれば必要になる義理チョコ。正直なところ、なるべく安く済ませたい!でも、女子力はアピールしたい。そんなあなたに、手作りで見た目も素敵なのに安く簡単にできちゃう義理チョコレシピをご紹介します。

安い材料で豪華にみせる、ラッピングを工夫する

<お店のような生チョコ>

材料:板チョコレート、生クリーム、純ココア

  1. 鍋に生クリームを入れ、中火で沸騰直前まで温める。
  2. ボウルに細かく刻んだチョコレートと1.の生クリームを入れ、チョコレートが完全に溶けてなめらかになるまで泡立て器で混ぜる。
  3. クッキングシートを敷いたバットに2.を表面が平らになるように流し入れ、冷凍庫で1時間冷やして固める。
  4. バットから取り出してお好みの大きさにカットすれば完成(包丁を温めると綺麗に切れます。)
    四角い生チョコはそれだけで高級感がありますよね。買う結構高くつきますが、これなら大量生産できますね。100円ショップにあるような小さな箱に入れても良いですし、2,3個をピックで刺して袋包装しても可愛いです。

<マシュマロクッキー>

材料:マシュマロ、ミックスナッツ

  1. オーブンを120度で予熱しておく。
  2. クッキングシートを敷いた天板にマシュマロをお好みの数乗せ、15分焼く。
  3. マシュマロが柔らかくなったら、上にお好みのナッツを押し付けるように乗せる。
  4. 再び120度のオーブンで45分ほど焼く。(焼き加減をみて調節してください。)
  5. 焼きあがったら、10分ほどオーブンの中で余熱にさらしておく。
  6. オーブンから取り出して冷めれば完成

材料はたったの2つだけ!ですが、お店で売っているようなとってもおしゃれなクッキーに仕上がります。おしゃれなペーパーナフキンでキャンディーのように包んで、両端をカラーモールやビニタイなどで留めても可愛いですね。

<デコレーションチロルチョコ>

材料:チロルチョコ、チョコペン、マーブルチョコやアラザンなど

  1. チョコペンを湯煎などで予め柔らかくしておく
  2. チロルチョコにお好みでデコレーションをする(チョコペンで模様を描いたり、アラザンを散りばめたり)

そもそもオーブンがない!火を使いたくない!面倒なことはいやだ!など、本当に楽なものが良い方はこちらをどうぞ。デザインの腕次第では、とってもおしゃれな義理チョコができあがるはず。チロルチョコだとは誰も気がつかないかも。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。