大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』第39回 「楽しく働くとぶっちぎりになるのは何故?」

2

読了目安[ 3 分 ]

「ぶっちぎり社員育成塾」の第39話です。

楽しく働くって考えたことありますか?
もしかしたら、考えたこともないことかも知れません。

でも可能です。
というか、楽しく働く方が、成果が出せます。

『遊び』とか『趣味』って、大変じゃないですよね?
「遊ぶのが辛いわ〜。遊びたくない!」って人はあまりいないと思うんですね。
遊びなら、いくらでもヤル気が出ちゃう人って多いはずです。

調べ物についてもそうです。
趣味系のことを検索してる時、本を読んでる時って楽しいはずです。辛くない。

好きなこと、興味があることだったら、楽しいってことです。
楽しいことだったら辛くない。
これは、非常に大事なことです。

何かしらの結果・成果を出す為には、行動が必要です。
行動しないと何も起きません。

逆に言えば、行動すれば結果が出るという事です。

行動すれば良いので、肩に力を入れようが、楽しくやろうが、どっちでも良いってことです。
気合いを入れてるようにしても、行動してなかったり、長続きしなければ意味がないですからね。

逆に、楽しくやって行動出来たり、長続きする方が良い訳です。

行動することと、成果を出すこと。
これが満たされれば、どういう感情だろうが良い訳です。

であれば、楽しくやった方が良い。
その方が、行動しやすいし、長続きするのだから。

苦しい思いをしなければいけないって事はありません。

とはいえ、楽しく仕事をするというイメージが湧かないこともあるかも知れません。

そのいう時のコツは、『好きを見つける』ということです。

まず、好きを見つけます。
仕事に関わる好きを探すんですね。
商品・やってる業務自体・やってる業務の要素・などの中から探します。

商品はわかりやすいですね。
これは、探さないでも、入社した時点でわかってることです。

やってる業務自体もそうですね。
営業で人と会うのが好きな人は、それを楽しむということです。

業務の要素というのは、自分がやってることによって、もたらされるもののことです。
営業で、「お客様に喜んでもらえた」とか、「誰かの役に立った」とか、そういうことです。
その場合は、それを意識すると楽しく働けるようになります。

楽しみを見つけると、楽しく働けて、結果的にぶっちぎり社員になります。
今日、ひとつでも良いので、楽しみを見つけてみてください。

若手育成コンサルタントによる「社員育成塾」

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。