クラウドソーシングで稼ぐ、良質な記事を書くポイント

2

読了目安[ 3 分 ]

クラウドソーシングという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

一度やってみたいと思っていたという人から、全く聞いたことがないという人まで、知っている人も知らない人も多いのではないでしょうか。クラウドソーシングとは簡単に言うと、インターネットなどの媒体を利用することで、不特定多数の人に対して仕事をもらうことを指します。
クラウドソーシングの中には在宅ワークだけでも様々な種類の仕事があります。アプリ開発やwebデザイン、記事の執筆からアンケートまで、スキルの高い人から初心者の人まで、誰でも取り組めるのが特徴です。今回はその中でもクラウドソーシングの記事の執筆という仕事についてお話します。

クラウドソーシングの記事には金融や生活の知恵、他にもいろいろと種類がありますが、全ての記事の執筆において押さえるポイントがあるのです。このポイントが押さえられていれば、あなたには記事の執筆依頼がどんどんと舞い込むでしょう。
あなたにぜひ執筆してほしいと相手から高単価のオファーがあり、あなたは数多ある案件の中から自分の気に入った案件のみを引き受けることができます。在宅ワークという、稼げている人が少ない中でも短時間、高収入を実現することができるのです。

ですから必ず記事の執筆にあたってこのポイントを意識して書いてください。
それは、1記事に1つだけ読み手に伝えたい内容を盛り込むということです。
つまり、1記事に2つも3つも伝えたい内容を盛り込んでは行けません。読み手に伝える内容が多ければ記事として厚みが増すのではないか?と思われるかもしれませんが実は違うのです。以下の例を見てみましょう。

1. 記事の執筆は1時間以内で終わらせるべきだ。なぜならそれ以上時間をかけると自分が何を伝えたいのかわからなくなり、結果的に記事の質も下げてしまう。記事の執筆は時間をかけすぎない方がいい記事が書ける。

2. 記事の執筆は1時間以内で終わらせるべきだ。しかし、記事のスキルアップをするなら2時間書くべきだ。場合によっては3回見直すのがいいだろう。

1と2の文章はどちらがわかりやすいですか?
おそらく多くの人は1がわかりやすいのではないでしょうか。1には記事の執筆が1時間で終わらせるべきという項目しかありませんが、2には記事の執筆は1時間以内、スキルアップには2時間、見直しは3回という3つの項目が入っていて、読み手はどの情報が一番重要なのかわかりません。

1つの記事には1つだけ、その1つの内容以外については話さないようにしましょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。