金利上乗せやうれしい特典も!地銀、第二地銀のサービス最新情報

1

読了目安[ 3 分 ]

日本には現在約140の銀行があります(外国銀行の支店は除く)が、規模や営業している場所、成り立ちなどによって、都市銀行、信託銀行、地方銀行、第二地方銀行、その他の銀行などに区分けされています。みなさんが普段使っている銀行はどれでしょうか?

都市銀行は、大都市に本店を置き、全国規模の業務を展開している銀行で、現在はみずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行の4行。信託銀行は、銀行業務に加えて、信託業務も行っている銀行で、野村信託銀行、みずほ信託銀行、三菱UFJ信託銀行など16行あります。

地方銀行や第二地方銀行は、地方都市に本店を置き、地域に密着したサービスを提供しているのが特徴。地方銀行のほうが古くからあり、規模も大きめなのに対し、第二地方銀行はもともと相互銀行だったところが合併などしてできた銀行で、規模も小さめです。

その他の銀行としては、セブン銀行、じぶん銀行、住信SBIネット銀行などといったインターネット専業銀行やゆうちょ銀行などがあります。

各銀行とも金利や特典などに特徴がありますが、今回は日本郵政グループとの連携も注目される地方銀行、第二地方銀行のおトクなサービスをご紹介しましょう。

●荘内銀行 「冬もあったか定期預金」
 取扱期間:2016年1月4日〜2月29日、預入金額:10万円以上
 10万円以上新規に預入をすると、定期預金1年物の金利が年0.2%に。さらに20万円以上預入で、先着10,000名に荘銀オリジナルホッカイロがプレゼントされます。身体も懐もあったかくなりそうなサービスですね。ただし、わたしの支店など一部の支店では扱われていないのでご注意を!

●静岡銀行インターネット支店 「ウルトラ金利」
 取扱期間:2015年11月9日〜2016年2月29日、預入金額:10万円以上
しずぎんインターネット支店に口座を持つ人が対象。スーパー定期1年物、3年物に預入をすると年0.28%の金利適用。金利が高いのはやはりうれしいですね。募集金額の上限が1,800億円なので、興味のある方はお早目に。

●但馬銀行 「たんぎんウインターキャンペーン」
 取扱期間:2015年12月1日〜2016年2月29日、預入金額:1万円以上(窓口20万円以上)
キャンペーン期間中に定期預金6か月物に預入をすると、年0.25%の金利適用。また20万円以上預入をし、応募申込書を提出すれば、抽選でJTB旅行券やカタログギフト、ギフトカードなどが当たるチャンスも。

ほかにも独自のサービスを行っている地銀、第二地銀はたくさんあります。最近はインターネット支店を扱う銀行も増えてきて地元にいなくても口座が開設できるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。