ライバルから抜きに出るために、わかりやすい差をつけろ!

5

読了目安[ 4 分 ]

バレンタインデーといえば…やっぱり王道はチョコだ。

そもそも、チョコを贈る…という風習は日本(のお菓子メーカーが作った)独自のもので、さらに、大人(?)になると、いろんなしがらみがあって、ただの「恋愛イベント」じゃなくなってるけど、この時期限定の特別なラッピングをされた、宝石箱のようなチョコを見ると、やっぱりテンション上がる。

大人女子の恋愛力アップ術 2  『ライバルから抜きに出るために、わかりやすい差をつけろ!』 

<恋愛力アップ術>
出会いを制する「好印象のサンドイッチ」とシーディング
お水の花道から学ぶ、相手の心の縄張りに自然に入り込むためのテクニック

本命/義理チョコの相場。

そこで、みんなはいったい本命/義理チョコにいくらかけているのか調べてみた。

MGRの読者である“大人女子”に対する、あるバレンタインデーに関するアンケートによると、義理チョコの予算は平均1,000円強。それに対して本命チョコの予算は3,000円強と約3倍…2,000円程度の差があるわけだ。さらに、本命に対してはチョコだけでなく、洋服や小物、お酒などを一緒にプレゼントする人も多い。

ちなみに…元本保証(?)もなく、どうなるかわからない相手に3,000円強+αの投資をするなんてもったいない…なんて思う人もいるかもしれない。でも大丈夫。だって、その一ヶ月後の3月14日には、少なくとも倍になって返ってくるわけだからね。もし返ってこないようだったら…相手はそれまでの男だったってことで、さっさと新しい男を探すといいんじゃないかな?

男は鈍感。だからこそ。

もちろん、人の心の営みである恋愛を、金額で計ることはできないけど…ほかの人とは明らかに差があるパッケージや、自分だけ他とは違うシチュエーションで渡されるチョコ(やプレゼント)は、やっぱり意識するものだ。

特に、女性に比べて男性は鈍感で単純だから、どうせだったら分かりやすいくらいの差をつけたほうがいい。そこそこ気の利く男だったら、ネットでチョコのブランド(や値段)を調べたりするからね。ただし、いくら差をつけるのがいいと言っても、会社などの公共の場で渡すのはご法度だ。相手の立場を考えて、タイミングや場所を見計ろう。

告白はするな。「お願い」をしろ。

ところで、バレンタインデーといえば、(女性が)男性に告白する日…というイメージが今でも強いけど、実は告白の機会と捉えてる人は、ほんの数パーセント(2〜6.4%)しかいない。なので、ボクがオススメするのは、相手に“告白させる”ための「種まきの日」にするってことだ。

先ほどお話ししたとおり「自分だけ特別」という雰囲気が伝わると、当然男は意識し始める。そこでついつい「好きです」と伝えたくなるけど、それをグッとがまんする。そして、チョコとともに、あえて何かをしてもらう「お願い」をしてみるわけだ。

たとえば、お返しのプレゼントを先におねだりするとか、食事に連れて行ってほしい…とか、少し冗談がてらちいさなお願いをして、何らかの行動を起こさせるんだ。

ずいぶん図々しいように思うかもしれないけど、心理学者のレオン・フェスティンガーが提唱した認知的不協和理論によると、人は自分自身の下した決断や行動を間違ってる(不協和)とは思いたくない。そこで、それを解消するために「プレゼントをする/食事に連れて行く」という行為を正当化するために「自分は彼女に好意を持っている」と、思うようになる。

つまり、行為(何かをしてもらう)が先、思い(好きかも)が後で、言うなれば「行為が好意を生む」わけだ。相手に何かを“させたら”、ライバルよりも一歩リード。ぜひ試してみてほしい。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。