出会いを制する「好印象のサンドイッチ」とシーディング

1

読了目安[ 5 分 ]

今年も…もうすぐあの季節がやってくる。そう、バレンタインデーだ。

最近では、友チョコだの義務チョコだの、より一層お菓子メーカー策略感が増してるけど…それでもやっぱり“堂々と”女性から男性にアプローチができる日ということには変わりがない。

そんなわけで、MGRでは珍しい、大人女子の恋愛力を高めるために、これは使えると思ってもらえる、いくつかの心理テクニックやマインドについて、数回に分けてお話ししたいと思う。

ところで、恋愛をするために「絶対に必要なこと」…それは、その恋愛をする相手との「出会い」だ。

そして、この出会いを制するものが、恋愛を制すると言っても過言ではない。

大人女子の恋愛力アップ術 1 『出会いを制する「好印象のサンドイッチ」とシーディング』

初頭効果をうまく使え。

心理学者のアッシュが行った実験によれば、ある人に関して「良い情報⇒悪い情報」の順と「悪い情報⇒良い情報」の順で伝えたところ、前者のほうが好印象を抱く結果になった。
つまり、相手に対する印象がまっさらな初対面の段階では、最初に与えた情報によって印象を決定するということだ。
じゃあ、そのタイミングで何をアピールするのかといえば…ズバリ、見た目だ。

「見た目」は、唯一距離が離れていても、相手に何らかのアピールができるもの。
特に女性は、着るものやアクセサリー、メイクはもちろん、しぐさや態度、表情(笑顔)に至るまで…簡単に印象を変える方法がいくらでもあるわけで、ぜひあなた自身の魅力を最大限に引き出すオシャレに気を配ってほしい。

「異性との出会いは第一印象で決まる。」

新近効果で、相手の心に置き土産を残す。

…と、ここまでは、いろんなところでよく言われていること。
実は、人の印象に残りやすいタイミングがもう一つある。それは…別れ際だ。

これは「新近効果」(親近ではない)と呼ばれるもので、人は複数の情報を処理するときに、時間的に現在に近い時点、つまり最後に触れた情報ほど記憶に残りやすい…というものだ。
終わりよければすべてよし…なんて言うけど、スッと背筋を伸ばした凛とした佇まい、最高の笑顔で、爽やかに

「今日は、○○さんとお話ができて、すごく楽しかったです。」

そう言いながら、手を伸ばして握手をする…。
それは、相手の心に残す置き土産のように、五感を刺激する、強烈な印象を残すことになるんだ。

「異性との出会いは最後の印象で決まる。」

オフビートのタイミングでシーディングする。

つまり、最初と最後を「好印象」でサンドイッチすることができれば、その出会いはきっと次につながるってわけだ。

ところで、ここまで読んでくれたあなたは、実際の恋愛のなかでどう使おうか…なんて考えてくれてるんじゃないだろうか?
そして、もしそれがボクに「そう思わされてた」としたら…あなたは信じられるだろうか?

この記事の最初を読み返してほしいんだけど、

「恋愛力を高めるために、これは使えると思ってもらえる…」

なんて言ってるけど、こんな説明をしなければ、きっと忘れて気づかなかったはず。
これは、ボクがいろんな場面で使ってきた「シーディング」というテクニックで、実は今回一番お話ししたかったことなんだ。

人は、本題に入ると、それが正しいのか、必要なのか、価値があるのか…などなど、意識っていう“フィルター”で、情報をふるいにかけている。
けれども、本題の前後は、文字どおり「本題」じゃないので、意識のフィルターを外して油断してる状態。
そして、そのときこそが、本当に相手に伝えたいことを、相手の心の奥底(潜在意識)に刻み込むための、絶好のタイミング(オフビートのタイミング)なわけだ。

同じように、合コンやパーティなどでの待ち合わせや終了間際(オフビートのタイミング)に刻まれたあなたの好印象は、心の奥底に種のように植え付けられて、やがて相手のなかで「自分の思い」として発芽する。

つまり、初頭効果と新近効果を利用することで、あなたとの出会いが好印象だったと「自然に」思わせることができるってことなんだ。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。