大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』第38回 「成功するための条件とは?」

1

読了目安[ 3 分 ]

「ぶっちぎり社員育成塾」の第38話です。

成功する為の最低条件とは?

能動的に行動すること。
これに尽きます。

当たり前ですかね・・・・・。
でも、本当のことだから仕方ないです。

いくつか理由があるんですけど、一つには、脳の構造がそうなっているというのがあります。
脳にはRASという機能があって、そこの働きによって得るべき情報と、そうじゃない情報を分けています。

「ベンツが欲しい」と思ったとします。
そうすると、その後は、やけにベンツが多く走ってるのが目に入る。
そういうことがあります。

「彼女が浮氣をしてるんじゃないか?」と疑ったとします。
そうすると、週刊誌のそういう記事がやたらと目につくようになったり・・・・。

RASを働かせると、意識したものだけを受信するんです。
人間には、そういう機能があります。

能動的な行動をするということは、目標があるはずです。
それがあると、欲しい情報を意識することが出来ます。

欲しい情報・なりたい自分を意識しながら行動するのと、受動的に行動するのでは、全く受信出来る情報量が変わります。

目標に対して能動的に行動するとします。
そうすると、課題が出来てきます。
能動的な人は、課題を自分のこととして捉えるので、課題をクリアすべく情報が目に入るようになる。

でも、受動的だと目に付きません。
意識出来てないですから。

これは、大きな違いです。

24時間・365日、それを意識してる人と、そうじゃない人。
どっちがぶっちぎりになるでしょうか?
これは明らかですね。

二つ目に、経験値というのがあります。
能動的な人は経験値が貯まります。
自分事として行動するとで、どんどん行動をします。
行動をすればするだけ、経験値が貯まります。

受動的な人も行動はします。
でも貯まりにくい。
極力動きたくないので・・・・・。

行動の量が大きく違います。

僕は、ぶっちぎり社員がどんどん増えて欲しいんです。
能動的に行動して、ぶっちぎりになる人が増えると、いろいろなことが良くなると思ってます。

全ての行動を、もっと能動的にしてみてください。
さらに、ぶっちぎれるようになるので。

若手育成コンサルタントによる「社員育成塾」

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。