30代必見!あなたが今、株式投資を始めるべき理由とは

読了目安[ 2 分 ]

最近どんな大企業にも安定はない、だとか年金はこれから減る一方で増える見込みなんてないだとか、とにかくお金に関するニュースを聞く機会が増えてきたように感じます。

そんな中でも自分は毎日会社にきちんと出勤さえしていれば、毎月給料はもらえるし、もう少しお金があったらいいと感じることはあっても、それほど切羽詰まっているわけでもない。よくわからないけど、損をする可能性もある株のような資産運用をする理由があるのかわからないという方がいることも事実です。

確かに現状30代でバリバリ働いている人はもちろん、40代、50代の人も老後の自分について実感するということは、なかなかないでしょう。今回はあなたが株式投資をするべき理由についてお話していきます。

まず誰もが最も不安を抱えるであろう老後について考えてみます。最近生活保護基準よりも低い収入で生活している老後破産という言葉が使われる機会が増えていますが、老後破産と呼ばれる高齢者が全体の何割いるかご存知でしょうか。
実は高齢者世帯の約4割が老後破産状態といわれています。このような高齢者は年金だけで人並みの生活をすることすら難しく、着ているジャージはぼろぼろで、食事は1日にわずかに1食。どこかに出かけるとお金がかかるので、家で1日中テレビを寒さに震えながら見ているだけ。あまりにも惨めで家族にも連絡を取らず孤独な状態で何十年も過ごして行く。

サラリーマン時代にどれだけ稼いだとしても、このような未来が誰にでも待っている可能性があるのです。大手企業であろうが関係ありません。今のうちに何か手を打たなければ、10年後や20年後にこんな悲惨な状態になりかねないのです。
ですから現在株式投資を始めることで、自分の力でお金を稼いでいくことが必要となります。遅かれ早かれ資産運用は避けては通れないので、どうせするなら早い方がいいのは言うまでもありません。

株式投資には損をするかもしれないというマイナス面があることは事実です。しかし、株式投資は自分でリスクマネジメントができます。今日投資して明日に全財産を失っていたというようなことはありません。

少額で投資を始めて、慣れてきたら大きな額で投資する、投資の予備知識を身につける、運に頼る投資はしない、そういった投資の基礎を固め、自分のノウハウを確立することで必ず勝てるようになります。

10年後に泣きを見ないためにも今から資産運用を始めてみましょう。

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。