時間の取れないサラリーマンでも株式投資で儲かる方法とは?

1

読了目安[ 3 分 ]

株式投資と聞くと、日中はパソコンとにらめっこをして株の売買をリアルタイムで行っているデイトレーダーを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

彼らは株式取引が行われている午前9時から午後3時までの間に、1日50~100回もの取引を繰り返すことによって、収入を得ており、中にはデイトレードだけで年収が1000万円を超えているような人も存在します。そのような人は、日中はデイトレードし、夕方からは優雅な時間を過ごすという人もいるようです。
しかし、毎日朝から晩まで仕事をこなすサラリーマンにとって、このような生活はあまりにも非現実的です。家族のために毎日仕事をし、日中に時間を取ることなんてできません。今回はそのような人でも株式投資で稼ぐ方法についてお話していきます。
この方法は世間でよくあるような、ある特定の人だけが稼げるというわけではありません。必要なものは株式が売買できる取引の証券口座とスマホやパソコンといった取引をするためのツールのみです。この方法を実践すると、あなたの証券口座残高がどんどんと増えて行くでしょう。

その方法とは周りの投資家と逆の動きをするということです。
どういうことか説明する前に、株の相場変動はどのようにして発生するのか考えてみることにします。株価の相場は簡単にいうと、その株を求める人数に比例します。人気の高いものでしたら株価は上がりますし、人気の低いものは株価が下がります。
つまり株価が上がっているときに便乗しようと株を購入しても、実は既に手遅れとなっている場合が多く、どんどんと株価が下がっていくでしょう。そして結局購入した株を損切りして売ることになり損を重ねてしまうのです。
ですから、株価が上がり始めたときに買うのではなく、株価が下がっているときにこそ株を購入するタイミングなのです。株価が現状も下がり続けている株を購入するのが怖いと思われるのであれば、少額で株を購入し、上手く行きそうなら買い足し、株価がまだ下がり続けそうなら一旦売却してしまえばいいのです。
目先のチャートだけに目を奪われることなく、長期的な視点を持つようにしましょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。