今からでも間に合う!子どもと一緒にいきたい節分イベント

1

読了目安[ 3 分 ]

2月3日は“節分”です。お子さんがいらっしゃる方は、節分も大事な家族イベントですよね。恵方巻きや炒り豆、おにのお面の準備はもう済ませましたか?

ちなみに、どうして2月3日が節分なのかご存知ですか?節分とは、「季節を分ける」という意味。実は、節分とは春夏秋冬の季節が変わる前日のことで、みなさん良くご存知の立春・立夏・立秋・立冬がそれにあたります。では、なぜ2月3日だけ節分として呼ばれているのかというと、一年のはじまり、季節のはじまりは「春」ということから、1年のはじまりを迎える立春が主立って受け入れられたということなのです。

■子供と一緒に節分を楽しもう!
さて、なんだか少し地味なイメージの節分ですが、各地でイベントが行われるのをご存知ですか?無料で楽しめるイベントが盛りだくさん。おうちで豆まきをすると後片付けが大変・・・なんて方は、イベントに参加して思う存分豆まきを楽しむのも良いかもしれませんね!

・おもちゃ王国の仲間と遊ぼう~節分豆まき会~
軽井沢おもちゃ王国で、1月29日(金)~2月1日(月)の期間で開催されます。おもちゃ王国のキャラクターたちや、インストラクターのお兄さん、お姉さんと豆まきやダンスを楽しめるイベントです。
子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」で入場料が100円引きになるクーポンを配布していますので、ご活用されるとお得です。

・第3回ふじさわ子ども豆まき
神奈川県藤沢市の白旗神社で行われる、小学生以下の子供たち対象の豆まき大会(参加無料)です。午前11時と午後3時30分の2回実施され、各回300名限定で豆が入った特製の枡が渡されます。子供たちが思う存分豆まきを楽しめるイベントです。

・下神明天祖神社 節分祭
東京都品川区にある下神明天祖神社での豆まきイベント。撒方衆が、集まった人々に向かって福豆やお菓子などを撒きます。小さいこどもには、社殿から赤鬼、青鬼が撒いてくれます。また、さる年生まれの小学生であれば2000円で撒方衆を務めることもできます。

今回は3つのイベントをご紹介しました。探してみると意外にお住まいの地域での節分・豆まきイベントも多いのではないでしょうか?是非チェックしてみてくださいね。子供達と元気いっぱい楽しみましょう!

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。