要注意!冬にインターネットで熱帯魚を購入する際に必要になる防寒対策

読了目安[ 2 分 ]

グッピー、ネオンテトラ、エンゼルフィッシュ、ディスカスなど、観ているだけでもウットリしてしまうようなきれいな熱帯魚たち。

熱帯という名前がついているんだから、冬場の飼育は難しいんじゃ。そんな風に考えている方も多くいらっしゃると思いますが、冬場でもきっちりと防寒対策をすれば大丈夫。これから熱帯魚を買おうかなと考えている方に、冬場でも安心して購入できるコツをご紹介したいと思います。

水槽用ヒーターとサーモスタットを利用する

冬場に一番気を払わなければいけないことはなんといっても水温です。熱帯魚のために、留守中も暖房やヒーターをつけなきゃいけないのかなと思う方もいるかもしれませんが、暖房やヒーターでは水温までを一定にたもつことはできません。そこで、必要になってくるのが、水槽用ヒーターとサーモスタット。

ヒーターには加温機能しかないため、長時間稼働させておくと、水温が上がりすぎてしまうことがあります。熱帯魚の場合、水温は23~30度に保つ必要があるので、温度を監視するために、サーモスタットを用意しましょう。中には、ヒーターとサーモスタットが一体型のものもありますので、寒い冬場でも熱帯魚の種類によって最適な一定の水温に保つことができます。とはいえ、気になるのが電気代です。実際にどれくらいの電気代がかかるのでしょうか。

水槽サイズにあったヒーターを選ぶ

ヒーターにかかる電気代は、水槽のサイズや水の量によって変わってきます。大きな水槽になればなるほど、水温を上げるためにかかるエネルギーが大きくなるからです。とはいえ、熱帯魚の飼育数によっては大きな水槽も必要になります。そのため、水槽の容量に合わせて最適なヒーターの電力(ワット)数を把握しておく必要があります。

水槽の水量が10リットルの場合は50W、水槽の水量が150リットルの場合は300Wが目安です。1ヶ月にかかる電力は150Wでおよそ1350円の電気代がかかりますが、半分の30リットルになると75Wでおよそ675円と、水槽の大きさが半分になるだけで、電気代も半分に抑えることができます。飼育数にあわせて水槽を選ぶことで、きちんと節約もしながら、熱帯魚鑑賞を楽しみましょう。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。