お金をかけなくても大満足!雪景色を楽しむ冬旅行スポット

読了目安[ 2 分 ]

旅行の費用は交通費と宿泊費のみならず。各観光スポットへの入場料や拝観料など、意外とお金を使っちゃいますよね。

出来るだけお金は使わずに楽しみたい!そんな方にオススメなのが、景色を楽しむこと。やっぱり冬といえば雪景色!折角の旅行では、綺麗で壮大な雪景色を見たいと思いませんか?

かまくら祭

栃木県日光市の湯西川温泉で開催される「かまくら祭」は、首都圏から3時間程で行ける冬の絶景スポット。地元の人によって作られた千以上の小さなかまくらひとつひとつに蝋燭の火が灯されます。ずらっと並んだ優しく光るかまくらはとても幻想的で、「日本夜景遺産」にも登録されているほど。さらに、人がはいれる大きなかまくらもつくられており、中でバーベキューもできるのだとか。暖かなかまくらの中で幻想的な風景を見ながらのバーベキューなんて、なかなか体験できませんね。

奥会津の雪まつり

奥会津とは、只見川流域に位置する只見町、金山町、昭和村、三島町、柳津町のことをいいます。日本有数の豪雪地帯で、それぞれの町村で雪まつりが開催されます。また、只見線というローカル線からの車窓は絶景。只見川の雪景色を眺めながら日本酒なんて粋なこともできちゃいます。

湯原温泉「砂湯」(岡山県)

西日本有数の絶景の雪景色が楽しめる温泉地、湯原温泉の名所である「砂湯」。川沿いにはなんと無料の混浴露天風呂があり、雪を眺めながら温泉を満喫することができるまさに冬の風物詩とも言える観光スポット。

久大本線 野矢駅(大分県)

標高543mのところにある駅。雪が積もりやすく、雪国のような絶景の鉄道写真を撮ることができる。雪原の中を走る列車は趣深く、九州ではとても珍しい風景が楽しめる。車窓からの雪景色も壮大で優雅。

こちらで取り上げたものはすべて無料で体験できるものばかり。お金をかけずとも、冬ならではの絶景を堪能することできっと心も体もリフレッシュできます。都市部ではなかなか見ることのできない雪景色。この機会に、是非体験してみてくださいね。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。