車の雪対策!スタッドレスタイヤをお得に交換しよう!

1

読了目安[ 4 分 ]

今年は暖冬で雪が少ないとはいえ、一度寒波がやってくると一気に雪が積もる事があります。そこで気を付けたいのが車の冬季対策です。

豪雪地帯にお住まいの方は当然のように毎年対策をされていますが、年に一度雪が降るかどうかの地域ではなかなか対策を怠ってしまうもの。しかし、近年気候変動により普段降らない地域でもでもドカ雪が降ったりするので侮れません。ちゃんと対策をしないと命に関わる事でもありますので、もしもの時の為にしっかりと準備しておきましょう。

1. 長い目でホイール付き
車の冬季対策といえば、一番にタイヤです。ノーマルタイヤでは雪が積もっている道路や凍結した道路を通行するとスリップしてコントロールが効かなくなり大変危険です。そこで冬タイヤと言われるスタッドレスタイヤに交換しましょう。なるべく安く抑える方法に4つのポイントがあります。1つ目はホイール付きのセットで買う事。冬タイヤ用のホイールを持っていない場合、初期経費としてはタイヤだけ購入し、夏タイヤのホイールに交換装着する方が安くつきますが、タイヤはホイールに脱着を繰り返すとホイールに接するゴムにダメージを与えてひび割れなど劣化が進み寿命が縮みます。よって溝の深さや柔らかさが十分なのに新品との交換が余儀なくされるので、長い目で見てホイール付きを購入しましょう。

2. タイヤ交換の工賃を節約
2つ目はタイヤ交換。持ち込みでもガソリンスタンドやカーショップでホイール付きであれば一台2000円~交換できます。自分の車種に合うホイール付きスタッドレスタイヤをネットで安く購入し持ち込んで交換してもらいましょう。タイヤだけだとホイールに装着する手間が増えるので、一台4000円~に工賃が上がってしまいます。ここだけで一回の交換につき2000円も節約できます。さらに夏タイヤに戻す時も工賃がかかりますので年間4000円の節約になります。交換作業に自信があり、もっと節約したい!という方は、自分でジャッキを使い交換すればタダ。すぐにホイール代の元が取れてしまいますね。

3. 屋内保管で長持ち
3つ目は保存方法。夏の間スタッドレスタイヤを野外に出しておくと日光や気温、雨水などがタイヤに溜まり、ゴムが劣化しますので屋内の倉庫に保管するかカーショップなどのタイヤ保管サービスを利用しましょう。タイヤはゴムですので消耗品ですが、なるべく劣化させないように長く使用出来れば節約の効果は大です。

4.シーズン前の早期割引
4つ目は購入時期。各販売店では早期割引を実施しています。シーズン前の10月~11月は20%割引きをしてくれる所もありますので狙い目です。15インチのスタッドレスタイヤを購入した場合、一般的な価格の4本で約40000円の所、32000円になり8000円もお得。今シーズンは間に合いませんが、来シーズン前の今年秋ごろに検討されてはいかがでしょうか?

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。