ケータリングを活用して新年会や歓送迎会の準備を楽しよう!

1

読了目安[ 3 分 ]

年末年始のイベントシーズンが終わったと思ったら、今度は新年会や歓送迎会のシーズンに突入です。

いくつものイベントをはしごしなければならない場合、お店で開催していては財布の中身も心細くなってきます。今年の新年会はいっそ、自宅やオフィスで開催してみては。お店に行かない「家飲み」は費用的に安上がりですが、準備や片づけに手間がかかるのがイヤ! という方も多いかもしれません。そういう方は、ケータリングを利用して、安くて楽ちんな新年会を目指してはいかがでしょうか。

1. ケータリングなら1人1000円台から注文可能
東京都内であれば、宴会などのケータリングを請け負う「ケータリングスタイル」は、1人あたり1,600円からのケータリングが可能で、2,000円台だけでも10プランもあり選択の幅が広い業者として知られています。フードだけでなく、アルコールを含めた飲み放題プランを設定することも可能です。
ケータリング&デリバリー Seasonは、1人1,390円からのケータリングサービス、990円からのデリバリーサービスを提供していて、気軽にオーダーできるのがポイントです。
990円のコースはごはんが海鮮入りちらし寿司、揚げ物が大ぶりのエビフライ、オードブル、サラダ、肉料理、卵料理とボリュームたっぷりな6品。これなら、安くても見栄えが悪いということはないでしょう。

2. ケータリングを利用すればこんなメリットがある!
ケータリングを新年会で利用するメリットは、費用の節約だけではありません。オフィスで開催すれば、仕事が終わったあと、予約の時間を気にしてせわしなくお店に移動する時間が必要なくなりますし、勤務時間がバラバラな部署や会社でも、人が集まりやすくなります。たばこが苦手で居酒屋がイヤという女性陣からも好評間違いなしでしょう。
また、メニューも要望に応えてくれるプランもあり、予算にあわせて柔軟に対応できるのがケータリングのよいところ。「デキる幹事」と職場の皆から思わせるためにも、ケータリングを活用してみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。