アプリでますます充実!銀行のスマホ向けサービス

1

読了目安[ 3 分 ]

スマートフォンの普及に伴い、銀行のスマホ専用サービスが充実してきています。

先行するネット銀行だけでなく、最近ではメガバンクや地方銀行も様々なスマホ向けのサービスを提供しています。いつでもどこでも銀行のサービスが受けられる手軽さから、利用者も増えているようです。
スマホで銀行のサービスを利用する場合、Webサイトを利用する方法とアプリを利用する方法がありますが、スマホ専用のサービスを受けるためには、アプリをダウンロードして利用します。サービス内容は銀行によって多少異なりますが、残高照会、入出金明細の照会、振込・振替といった基本的なサービスのほか、投資信託やFX,カードローンなどの取引や、ATM・店舗検索などスマホならではのサービスもあります。

じぶん銀行、楽天銀行、新生銀行、みずほ銀行などは、面倒な口座の開設もアプリから簡単にできます。アプリをダウンロードし、必要事項を送信。本人確認書類は免許証をスマホのカメラ機能で撮影し、送信するだけで完了です。あとから通帳やキャッシュカードが郵送されます。

手軽なだけでなく、お得な特典プログラムなどを用意しているところもあります。たとえば、じぶん銀行の場合、円定期預金の金利の上乗せ、ATM手数料無料、他行あて振込手数料が最大月5回まで無料など特典のほか、対象の取引利用でWALLETポイントが貯まるサービスも。au利用者はau IDを登録すれば特典の対象となりますので、使ってみる価値大ですね。

楽天銀行では、楽天銀行アプリをダウンロードしFacebookを連携させれば、Facebookの友達同士で、口座情報がなくても簡単に送金することができます。イベントやセミナーの会費を集めたり、飲み会の精算を行ったりするのにとても便利ですね。また、メガバンクで初めてスマホアプリを提供したみずほ銀行では、おさいふアプリでの毎日のおサイフ管理、宝くじやナンバーズの購入、モバイルSuicaへのチャージなどのサービスを提供。各銀行ともいろいろと工夫をしているようですね。
「便利なのはいいけど、セキュリティは大丈夫なの?」と心配する人もいるかもしれません。セキュリティに関しては、各銀行とも様々な対策を取っていて、スマホ専用のセキュリティアプリを提供している銀行もあります。一方利用者も、ウイルス対策ソフトの導入する、不審なサイトへの不用なアクセスをしない、OSやブラウザをできるだけ新しくするといった対策をとることが大切でしょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。