いま話題の固定回線とケータイ回線のセット割!どれぐらいお得?

読了目安[ 3 分 ]

セット割とは、各キャリアの携帯電話と指定されたインターネット固定回線(光回線)をセットで契約することで、月額利用料がおトクになる仕組みです。

ドコモは、NTT東日本/西日本が所有する光回線とのセットプラン「ドコモ光」、ソフトバンクは「SoftBank光」、auの携帯電話とauひかり又はケーブルテレビ局の固定回線をセットにした「auスマートバリュー」を展開しています。

ドコモ光がシェア過半数を獲得!

総務省が実施した調査によると、セット割の利用者のうち、ドコモが提供する「ドコモ光」が46.6%と半数近いシェアをとっていることがわかっています。サービス開始直後は「ソフトバンク光が優勢」とも伝えられましたが、携帯電話シェアトップで、NTTグループのドコモがその強みを見せたということでしょう。ドコモは12月には、ドコモ光の契約数が100万件を突破したとも発表しています。

セット割りにするとどれくらいお得なの?

いちばん気になるのがこの部分。セット割りにすることでどれくらいお得になるか、ということですよね。
契約している携帯電話のデータ定額プランによって割引額は異なりますが、ドコモ光の場合、1契約あたり月額500円~最大3,200円割引されるようです。
ソフトバンク光は1契約あたり月額500円~最大2,000円(税込)、auスマートバリューでは最大2年間でスマホの利用料が1410円安くなります。

電力自由化でさまざまなセット割が登場!

ケータイやインターネット回線のセット割だけではありません。今年から、家庭用の電力小売りの自由化が開始されます。これまで、東京電力や関西電力など、住んでいる地域の中で決められた大手電力からしか電力を購入することができませんでしたが、自由化で電力会社以外の企業も、電力の販売ができるようになります。

ソーラー発電事業に力を入れているソフトバンクは早々に、電力小売り事業に参入することを明らかにしていますし、電力とのセット割も登場しています。小売り自由化は4月からですが、それ以前に予約が開始されるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。