短期投資で大儲け?今流行のIPOってなに?

読了目安[ 2 分 ]

株式投資をやっている人で稼ぎたい!という思いがない人はいないでしょう。長期投資で少しずつ確実にという投資スタイルも悪くありませんし、このような投資スタイルで長期的な資産運用を行っている人がいることも疑いようのない事実です。

逆に短期投資といわれる投資スタイルでは、どうしてもリスクが頭で先行してしまうために、なかなか踏み切れないという人も少なくないのではないでしょうか。今日はそんなあなたのために、当選したらかなりの高確率で利益を獲得できるIPOについてお話します。

IPOとは?

IPOってなんだ?と思われる方もいるかもしれないので、一応簡単に説明しておくと、今まで上場していなかった企業が証券取引所に上場することを指します。つまり新たに投資先が増えるということです。

このIPOの何が特別なのか?ということですが、企業が新たに上場するためには株価を決めなければなりません。IPOは抽選で公募価格という価格で株が販売されます。そして実際に株価がつけられる初値があるのですが、この初値は多くの場合、公募価格よりも高いです。つまり、公募価格で購入したIPOを上場日に初値で成り行き売り注文を出しておくだけで、公募価格と初値の差分だけ利益を確定させることができるのです。

例えるのであれば、東京駅の100周年記念のSuicaが1500円分で購入できましたが、あまりにも人気殺到だったため、ヤフオクでは一時期20万円もの価格がつき、利益を得たという方もいました。そのように上場したての企業株の初値には儲けるチャンスが潜んでいるのです。

しかしリスクも少なからずあります。というのも100%公募価格よりも初値の方が高いかと言われるとそうではありません。やはり、初値が公募価格よりも低く、損をするリスクはもちろんありますし、IPO投資法は有名な投資法なので、そもそも抽選が当たらないということも十分に考えられます。それでもIPOで儲ける可能性は非常に高いので、一度試してみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。