年間計画。ジェネリック医薬品に切り替えるとどれぐらい安くなる?

1

読了目安[ 3 分 ]

医療費の高騰、個人負担額の増加。医療技術は進歩しているかもしれないけれど、医療費の負担額はいっこうに減るという兆しはありません。節約できるものならしたいけれど、お医者さんにかかる回数を減らすわけにもいかないし、出費を抑えられそうでなかなか難しい。

そうお考えの方も多くいらっしゃると思います。通院代と医薬品代だけで、1ヶ月あたり家族で1万円と考えると年間10万円以上もの出費にもなりますね。そこで今回は、通院回数を削減せずとも医療費を抑える方法として、お医者さんから処方されるお薬をジェネリック医薬品に切り替えて医薬品にかかるお金を節約するについてご紹介したいと思います。

1. お医者さんに相談してジェネリック医薬品に切り替える
お医者さんから診療後に出される処方箋。何が書いてあるかと言うと、お医者さんが患者さんの病気の治療に必要な薬の種類や量、服用法などが記載されています。処方されるお薬については、薬剤師さんが処方箋をもとに、薬を選んでいきます。つまり、お医者さんからこの処方箋にジェネリック医薬品と書いてもらうことで、薬剤師さんからもらうお薬を処方してもらえることになります。ジェネリック医薬品の場合、新薬に比べて、2~8割くらい、平均でおよそ半額くらい患者負担金を抑えることができます。1月のお薬代が家族全員でだいたい1万円と考えると、5000円も節約ができます。

2. お医者さんに相談しにくい場合は、薬剤師さんへの相談でもOK
お薬のことをお医者さんに伝えようと思っていたけど、忘れてしまった。その場合には、処方箋を受け付けてくれる薬剤師さんに、ジェネリックでお願いしますと伝えればジェネリック医薬品を処方してくれます。もちろん、お医者さんが処方箋に記載したお薬と同じ効き目の薬を選んでくれますので、効き目がない薬を処方される心配はありません。風邪薬やアレルギーを抑える薬などの錠剤や塗り薬などもジェネリック医薬品は種類があるので、お薬代を節約しながら健康を維持することができます。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。