温泉・ウィンタースポーツを満喫!安いガソリンスタンドを簡単に見つける方法

1

読了目安[ 2 分 ]

ウィンタースポーツシーズン、ゲレンデに車で行くという方も多いのではないでしょうか。

温泉旅行やちょっとした遠出にも、自由の利く車での移動はやはり便利ですよね。暖房も効いて暖かい車内、ただ心配なのは、ガソリンの消費量。暖房をきかせての長距離走行は、ガソリン代もかさみます。そこで、移動中いかにして安いガソリンスタンドを見つけるか、その方法をお教えします!

1.急ぎの際はとにかく「セルフ」
てっとり早いのは、セルフサービスのガソリンスタンドを見つけることです。最近では、これまで同様スタッフさんがすべてやってくれるコーナーと、セルフサービスコーナーの2つを設置しているスタンドが増えています。窓ふきなど特に必要ない場合は、セルフの方が平均価格で比較すると約5円/リットルほど安く設定されているのでお得です。ガソリン切れの状態から満タンになるまでを50リットルとすると、1回につき約250円お得ということになります。全国のガソリン消費量は月平均74リットルなので、月間約370円、年間約4440円もお得です。

2.ネットで価格情報をゲットしよう
全国のガソリンスタンドの価格がランキング形式で表示されたり、現在地の周辺で最安値のガソリンスタンドを検索できるなどとても便利なWEBサイトがあります。また、NEXCO西日本では、管轄内の高速道路にあるガソリンスタンドの営業時間とともに、最新のガソリン価格を一覧にしてPDFにて配布しています。スマホで検索すれば、すぐに最寄りの安いガソリンスタンドを見つけることができますね。

「gogo.gs」
全国のガソリンスタンドのガソリン価格をランキング形式で表示したり、都道府県別でもランキングを見ることができます。看板の表示価格だけでなく、口コミによる実売価格も検索できるところが魅力的。また、「ガソリンマップ」で現在地周辺のガソリンスタンドが検索でき、価格がフラグとして出てくるので、最安値のガソリンスタンドがすぐ見つかります。
例えば・・・
東京都新宿区内のガソリンスタンドを検索すると、最安値が108円、最高値が127円でした。ちなみに、前者がセルフスタンド、後者がフルサービスのスタンドです。価格差なんと19円!50リットル入れたとすると、なんと950円も差がついてしまいます。

ガソリン価格なんてどこも一緒と思っていたら、まさかこんなに差があったとは・・・。
これは普段から最安値を検索するしかありませんね!

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。