受験シーズン到来!ネット出願で割引されるケースとは

1

読了目安[ 3 分 ]

インターネットの利用増加にあわせて、大学入試の出願スタイルが変わってきています。

従来の紙の出願ではなく、ネット出願を導入する大学が増えているのです。旺文社『螢雪時代』の2015年入試における大学アンケートによると、私立大学では約3分の1がネット出願を実施しています。ネット出願は、簡単に、安く、記入ミスなく出願できるので、年々利用者が増加しています。また、ネット出願を実施している大学の半数近くが、受験料割引(ネット割引)を実施しています。国公立大学では私立大学に比べてネット出願には消極的ですが、お茶の水女子大・広島大・愛媛大の3大学で新規に実施されます。では、実際にどの大学で実施されているのか、またどのようなネット割引があるのかを調べてみましょう。

1.ネット出願のメリット
パソコンやプリンターなどのネット環境が整っていれば、「いつでも」「どこでも」「ミスなく(画面上で再確認ができる)」出願できるところが、受験生のメリットです。大学側は、紙出願にかかる手間を省けるため、そのコスト削減分をネット割引という形で受験生に還元しています。ネット出願を実施している大学では、利用率が飛躍的にアップした事例も多く、割引額は各大学や入試方式によって異なりますが、2,000円~5,000円の範囲になっています。ネット環境があるなら、ネット出願をした方がお得ですね。

2.ネット出願を実施している大学を調べる
大学受験パスナビ(https://passnavi.evidus.com/)では、ネット出願を実施している大学を簡単に調べることができます。自分の志望している大学がネット出願しているかどうかを調べてみましょう。

3.ネット出願で割引されるケース
割引される例としては、ネット出願すると一律で数千円割引という大学があります。たとえば、埼玉の日本工業大学では、一律2,000円の割引になります。その他には、ネット出願と併願でさらにお得な割引を実施している大学があります。たとえば、東京の専修大学、國學院大學などです。専修大学では、ネット出願を利用し、同じ試験日に同じ大学の別の学部や学科を併願することで受験料が割引されます。また、國學院大學では、 ネット出願を利用し、受験日の組み合わせによってさらに割引される応援割という制度が3タイプ用意されています。大学によって様々なタイプがありますので、志望の大学をチェックしてみてくださいね。

※最新の情報は直接各大学の情報をご確認ください。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。