大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』第35回 「気合いではない継続する方法」

1

読了目安[ 3 分 ]

「ぶっちぎり社員育成塾」の第35話です。

仕事をしてると、
新しい仕事と継続する仕事が出て来ます。
両方とも大切です。

というか、新しいことを継続できるようにするのが難しいと思うんですね。
業務で新しいことをやらないと行けない場合、仕組みが出来ていれば継続は出来ていくと思います。誰かにチェックを入れられたりするので。
でも、自分で始めたことや、自分の勉強などは、継続ができなかったりしませんか?

自分のことは誰かがチェックしてくれません。
誰にもチェックをされないと、「ま いっか」になってしまう確率が高いです。

継続は大事なので、このコラムの26話でお話ししました。
その時は、「継続が難しいなら、常に新しいことをやろう」ということでした。
目的がある場合、そこに辿り着けば良いので、それでも良いからです。
でも、今回は継続できる方法をお話ししますね。

新しいことを継続させるというのは、新しい習慣を作るということです。
自分が好きなことは、習慣化しやすいです。
あと、楽なこと。
ただ、レベルを上げるために勉強をするというようなことは、レベルを上げる動機が薄れると、継続しにくいです。
レベルを上げたいと思った感情を人間は忘れてしまうからです。

なので、最初の方法は、その時の感情を忘れないようにするということです。

常に目に就くところに書いてくという方法ですね。

次は、感情からちょっと視点を外します。
感情を意識しないで、行動に着目します。
感情をコントロールしなくても、行動が変わってしまえば良いという考え方です。
それは、環境を変えることです。
どういうことか説明しますね。
僕の場合、部屋の床に座ることが多いです。
環境的に、動きにくいので、手の届く範囲のモノに手を伸ばしやすい。
ふとした瞬間。
コミックに手が届けば、コミックを読むでしょう。
テレビのリモコンに手が届けば、テレビを何となく観てしまうかも知れません。

なので、そういうモノに手が届かないような環境にして、ビジネス書などだけが物理的に手に届くようにしておきます。
そうすると、他の物を取に行くのが面倒なので、ビジネス書を読んだり、まとめた資料を復習したりしやすくなります。
この方法は、感情は関係ありません。

感情(動機)を忘れないようにすることと、環境を整えることをすれば、新しいことが習慣化する可能性が高くなります。
是非やって、ぶっちぎり社員になってください。

若手育成コンサルタントによる「社員育成塾」

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。