大学受験の交通費もバカにならない!金券ショップでお得にゲット!

1

読了目安[ 3 分 ]

高校生活も残りもう少し。いよいよ大学受験のシーズン到来ですね。

受験勉強ももう一踏ん張りですが、参考書や模試、大学の受験料など何かと受験生には出費が伴うものです。とはいえ、将来のためにも自己投資は大切。手を抜けないところにはちゃんと手をかけて、削れるところを削ってきちんと節約もしたいものです、今回は、受験の際にかかる交通費の節約の仕方をいくつかご紹介したいと思います。

1. 交通機関を何回も利用する方は、IC乗車券をつかってコツコツ節約
鉄道会社によって金額は異なりますが、券売機で購入するよりも安い金額でバス、電車、モノレールに乗車することが可能です。JR東日本首都圏エリアでの初乗りの場合、券売機で現金で購入した場合の金額は140円に対し、ICカード料金は133円。1回あたりの差額は7円と対したことないかと思うかもしれませんが、複数の大学を受験し、交通機関を何度も利用する方にとっては圧倒的にICカードを利用するほうがお得です。また、カードの種類によっては家電メーカーや商業施設との連携によってポイントがつくものもありますので、場合によってはそのポイントも交通費を少し節約してくれることもあります。

2. 金券ショップで回数券を購入し、交通費を抑える
鉄道会社によっても回数券の種類はいろいろありますが、金券ショップで売られている回数券のばら売りを購入して交通費を抑えることができます。駅近くに金券ショップがある場合は大抵、最寄り駅からの回数券を発売していることが多くあります。回数券の場合、券売機で購入した切符と同じように、乗り越し区間の料金を支払う場合も初乗りの支払いは不要になります。たとえば250円の回数券で290円の区間に乗車したとしても差額の40円だけを支払えばOKです。鉄道会社や時期、回数券の種類によっては目的地までの区間が指定されているものもありますので、利用する区間や料金をあらかじめ調べてから、一番お得になるものを購入することをおススメします。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。