どうしたらお金ってもらえるの?〜親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ【第1話】〜

1

読了目安[ 5 分 ]

親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ 第1話
【どうしたらお金ってもらえるの?】

子どもにお金の大切さを伝えるためには、親子の日頃のコミュニケーションが欠かせません。つづみくん一家の日常の一部を切り取って、どんな風にお金の話をしているか覗いてみましょう。

<登場人物>

つづみくん:小学1年生。都内で両親と妹と住んでいる。どんなことにも興味を持つ好奇心旺盛な元気な男の子

パパ:会社員。大好きな家族のために毎日仕事をがんばるパパ。つづみくんと一緒にサッカーをするのが大好き

ママ:専業主婦。つづみくんの「どうして?」攻撃にどう答えれば良いか悩むママ。下の子が小学校に入ったらパートに出たいと思っている。

かのんちゃん:幼稚園年少。お兄ちゃん大好きの明るい女の子。

【どうしたらお金ってもらえるの?】

パパ:よーし、今日はみんなでおいしいものを食べに行くぞー。

かのん:わーい!パパ、私焼肉がいい!

つづみ:えー、お寿司がいいなー

パパ:いいぞ!パパはボーナスが入ったから二人ともなんでも好きなもの食べていいぞ!

▪️ボーナスってなに?

つづみ:え?ボーナスってなーに?

パパ:ボーナスっていうのは、そうだな、会社からのごほうびみたいなものだ。いつも頑張って働いてくれて有難う。というごほうびだな。

つづみ:へーそっか。パパは会社からお金をもらうんだね。

パパ:毎月「お給料」というお金ももらっているんだけど、他に年に2回、特別にボーナスももらえる会社もあるんだ。

▪️お金って働かないともらえない?

かのん:働かないとお金ってもらえないの?

パパ:そりゃそうだよ。だから頑張って働くんだ。かのんだってもう働けるんだぞ。おうちの掃除とか料理とか、ママのことをお手伝いするとママは「手伝ってくれて助かった!有難う」って思うだろう?それが働くってことになるんだよ。

つづみ:どうしてパパががんばって働くと、会社からごほうびがもらえるんだろう?

パパ:パパや会社のみんなが働くと、会社のモノがたくさん売れるよね。そうすると、会社にはたくさんお金が入ってくる。で、パパたちに「ありがとう」とごほうびを払うわけだ。もちろん、そのモノを買った人たちだって、パパの会社に「素敵なモノを作ってくれてありがとう」とお金を払うわけさ。

つづみ:そっか!「ありがとう」って大事なんだねー。僕ももっとお手伝いしようっと。でもさパパ、ママのお財布にはいつもお金が入っているけど、お給料とかボーナスっていうのを、パパの会社にママが取りに行っているのかな?

▪️お金はどこにあるの?

パパ:つづみはママと一緒に駅前の銀行に行ったことないのか?

つづみ:銀行?あ、あるよ!機械にカードを入れるとお金がもらえるところでしょ。

パパ:もらっているんじゃないんだ。銀行っていうところにパパとママの見えないお財布があって、そこに会社がお給料やボーナスを入れてくれるんだよ。だから、ママは機械でそのお金を出して、見えるお金に変えて買い物をするのに使っているんだ。不思議だろう(笑)

▪️お金は機械の中?

つづみ:あの機械の中にたくさんお金が入っているの?

ママ:そうよ。カードを入れると、パパの見えないお財布を探し当ててそこからお金を出すことができるのよ。「今月はどれくらいお金使うかな?」と考えて、その分だけ機械からお金を出しているの。

つづみ:へー!すごい機械だね!!かっこいい!

ママ:銀行のお財布に入っている分しか使えないから、毎日焼肉だお寿司だと高いものばっかり食べていたら、うちのお金がなくなっちゃうのよ(笑)でも、パパがいっぱい働いたごほうびのボーナスなんだから、パパの好きなものを食べにいきましょう。

つづみ:えーー、パパ太っているからめちゃくちゃ食べちゃうよ・・お金なくならないように気をつけてね、パパ。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。