銀行の総合口座とは?当座貸越の限度額と返済日・支払利息など

読了目安[ 3 分 ]

先日、20歳になった私の娘が自宅の近くの銀行で口座を開設しました。

なんとなく便利そうだったので、総合口座にしたとのこと。銀行に口座を開くとき、娘のように、よくわからないけれどもとりあえず総合口座にしたという人は多いと思います。今回は、総合口座とはどのようなものか改めて確認しておきましょう。

銀行の総合口座とは?

総合口座は、普通預金口座と定期預金口座が一つになった口座です。

積立定期預金、貯蓄預金なども同じ通帳で管理することができるのでとても便利です。

とくに大きな特徴といえるのが「当座貸越」という自動融資サービスです。

当座貸越とは?

「当座貸越」は簡単にいうと、普通預金が残高不足になった時でも、定期預金があればその範囲内で自動的に融資してくれるものです。

例えば給料日前で、普通預金の残高がゼロになってしまったのにお金が必要といった場合、通常なら定期預金を解約したり、カードローンを利用したりしなければなりませんが、「当座貸越」を利用すれば、払い戻しや各種料金の口座振替請求があった時など、普通口座に入金されるまでの間だけ借りることができるので、とても助かります。

当座貸越の限度額は?

貸越の限度額は銀行によって多少異なるものの、一般的に預けている定期預金などの合計額の90%程度(200万円を限度)としているところが多いようです。

定期預金に10万円預けている場合、貸越限度は9万円ということですね。総合口座をお持ちの人は、通帳を見てみてください。

普通預金のところに、「普通預金 兼 借入明細」とありますが、当座貸越で借り入れをした場合は、残高がマイナスになります。

当座貸越の返済期限と利息

返済は、お金ができた時に普通口座に入金するだけ。また給料などが振り込まれれば自動的に返済となります。返済日などを気にしなくてもいいので、かなり手軽ですね。

ただし、「当座貸越」はあくまでも銀行からの借り入れなので、借りた金額と期間に応じて金利(担保となる定期預金の利率に年0.5%を上乗せした利率)を払わなければなりません

ほんの短期間借り入れるのであればあまり問題はありませんが、金利を考えると、長期間借りる必要があるなら定期を解約する方がいいでしょう。

総合口座の貸越しサービス付帯は選択できる銀行も

「残高がなくなったら、知らないうちにお金を借りることになる?」「預金を不正に引き出されるのが心配……。」などと感じる人もいるかもしれません。

そんな場合、総合口座の貸越サービスを選択するか、選択しないかを決められる銀行もあります。

もし、自動融資の必要がない場合は、「選択しない」を選ぶようにしましょう。

普通預金と定期預金などが一体となり管理がしやすい総合口座ですが、金利の負担を避けたいなら、普通預金の残高をきちんと管理することが大切です。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。