新年会はお得にやりたい!マル秘節約術

2

読了目安[ 3 分 ]

クリスマスや忘年会で大忙しの年末も終わり、年が変わって新年会シーズンの到来ですね。

年末で楽しみすぎてお財布の中が寂しい…でも、友人との集まりや会社の仲間との新年会には出ないとなぁ。そんな方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。お財布の中も気になるけれど、ちゃんとお付き合いもしっかりやっておきたい方におススメな、きちんと節約しながらも楽しめる節約新年会の方法をいくつかご紹介したいと思います。

1. 持ち寄りホームパーティー
会場はあなたもしくはお友達のおうちだから、面倒なお店の予約はいりません。そして、飲み物や食べ物はメンバーそれぞれ好みのものを用意して持ち寄ります。一人●●円までと予算を決めておくことで、必要以上の経費を抑えられます。一人2000円と勘定しても飲み物や食べ物も十分すぎるほど用意できますし、お家にあった残り物や材料を持ち込んでみんなで料理したりもできます。

2. 外食の場合は夜ではなく、ランチタイムの時間を使おう
年始のバタバタを避けて、成人式近辺の土日を狙って新年会をやろうかななんて考えている方にもおススメ。混み合うだけではなく、お金のかかるディナータイムを避けて、お店を使うという手があります。お店によってはディナータイムに比べればお料理メニューの種類は少なくなりますが、それでも半額もしくはそれくらいの価格でお店のお料理が楽しめます。土曜日や日曜日、祝日でもランチをやっているお店は多いので、そこを狙ってお店を予約するというのもひとつの手です。

3. 時間を決めて開催
お酒が入るとついつい2次会、3次会、etc..とついつい長くなってしまうもの。自宅に帰ろうと思ったら終電が終わって結局タクシーで解散。そんなことは避けたいものですね。新年会も楽しみたい気持ちはわかりますが、一次会だけときちんと割り切って余計な出費を抑えることも大切です。一緒に参加したメンバーに申し訳ない気持ちはわかりますが、申し訳ないと思うなら「明日も別の飲み会が…」「うちの会社明日が始業だから…」などの理由を事前に考えておき、少なくとも交通機関がある時間に帰れるようにしておきましょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。