余ったお節のお得なアレンジレシピ

読了目安[ 3 分 ]

お正月の家族の集まり用にお節を作りすぎて、いつも残ってしまう、という方は結構いらっしゃると思います。

家族も正月を満喫した後、お節は食べたくないというケースも。今回は、残ったお節をアレンジして家族も楽しんで食べられるレシピをご紹介します。

1. お節はちらしずしの材料にぴったり
日本的な味付けが基本のお節。その残りを使ってちらしずしが作れます。たとえば、伊達巻、かまぼこ、煮しめにんじん、高野豆腐、数の子などが余ったとします。それらを全て数ミリ程度に切り、酢飯に馴染ませます。余裕があれば錦糸卵を自分で作り、あとは盛り付けるだけです。
また、ちらしずしにも飽きてしまったという場合は、チャーハンもありです!同じ具材でごま油に塩、こしょう、しょうゆで味を調えれば、日本の味が活きたチャーハンができます。

2. 刺身が残ったら、お吸い物に
お節とは少し違いますが、大みそかにお刺身を食べるご家族も多いことでしょう。刺身はできれば翌日以降食べたくないものです。残ってしまったときは、味噌汁かお吸い物にしてしまいましょう。魚の臭みを取るために、他に残ったお節の野菜、豚肉などを入れるのもおすすめです。

3. お餅を活用「お節グラタン」
日本食の味に飽きてしまったという方は、お餅で作れるグラタンを作ってみましょう。ホワイトソースとチーズを用意して、残ったお節をお餅の上に敷き詰めて、マカロニで作るときと同じ方法でグラタンを作ります。残ったお節にはそれぞれに味がついていますので、味付けはこしょう程度で十分です。

4. 黒豆ときな粉で和風クッキー
黒豆が余ってしまった場合は、クッキーにしてしまいましょう。通常の薄力粉とベーキングパウダーを使ったクッキーのつくり方ですが、きな粉をいれると和風の味わいが増してお正月っぽくなります。

早めに食べないと残ってしまうお節。少し見た目を変えるだけで意外とみんなあっさり食べてくれるものです。ぜひチャレンジしてみましょう。

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。