お得に都心に住んじゃおう!子育て世帯に優しい、区独自の助成制度をチェック!

6

読了目安[ 3 分 ]

「便利な都心に住みたい!でも家賃が高いから無理だよね~」とあきらめているあなた!東京23区では子育て世代を対象とした家賃助成制度が意外と充実しているのをご存じでしょうか?

確かに都心は家賃が高いため、子どもにお金がかかる子育て世帯にはちょっと高嶺の花。でも、家賃助成制度を利用すれば、郊外に住むのと同じくらいで都会ライフを満喫できるかもしれません。具体的にどのような助成があるのかみてみましょう。

○千代田区:次世代育成住宅助成
千代田区の次世代育成住宅助成制度は、親世帯の近くに住みかえる新婚・子育て世帯(1、親元近居助成)や区内での住みかえを予定している子育て世帯(2、区内転居助成)が対象です。この制度は賃貸だけでなく、マイホーム取得時でも助成が受けられる点が特徴です。申請は転居先住居の契約前に行う必要があります。所得制限はあるものの、4人家族で世帯年間所得1114.8万円までとかなり広範囲。区内転居で4人家族の場合、最長8年間の助成を受けたとすると、助成総額はなんと249.6万円にもなります。年間募集世帯は1、2、各50世帯。上限を超えると募集は締め切られるため、早めの申請を。現在のところ、募集期間は平成28年3月までですが、区としては予算が通れば引き続き制度を継続していきたいとのことです。

○新宿区:子育てファミリー世帯居住支援 ・ 民間賃貸住宅家賃助成
新宿区では、子育て世帯向けの家賃助成として1、転入助成と2、転居助成があります。1は契約時の敷金・礼金などを最大36万円、引越し代最大20万円の合計56万円を助成するというもの。2は区内を転居した場合、前の家賃との差額分を2年間、最大月額2.5万円と引越し代最大20万円を助成するというもの。1、2とも各30世帯。家賃が18万円以下で所得制限があり、賃貸契約締結前に予約登録する必要があります。申請は随時受付けていますが、予定数に達した時点で終了となります。今年度に関しては2は終了しましたが、1に関してはまだ受付け中とのことです。(2015年12月3日時点)。

また、新宿区ではすでに区内に住んでいる人向けに民間賃貸住宅家賃助成という制度も設けています。こちらは子育て世帯(月額3万円・最長5年間・年50世帯)だけでなく、単身者(月額1万円・最長3年間・年30世帯)も対象というのが特徴。ただし、こちらは一斉募集となり、応募期間は毎年10月1日からの2週間。応募者多数の場合は抽選となります。ちなみに、今年の子育て世帯の倍率は5.54倍とかなり狭き門のようです。

その他、板橋区、世田谷区、豊島区、目黒区なども独自の助成制度を実施しています。それぞれ、募集期間や助成額、所得制限などが異なるので、気になる制度があれば問い合わせてみましょう。都心に住みたいと思ったら、転居前に一度確認を。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。