おうちに眠っていませんか? 余った年賀状の再活用法

1

読了目安[ 3 分 ]

今年も届いた年賀状。ネットが発達した社会でももらうとやっぱりうれしいのが年賀状。

ところで、年賀状の余りってどうしてますか?
張り切って購入したものの、結局使い切れずに年賀はがきが余っちゃった……なんてことはありませんか。年賀はがきは、お正月を過ぎたらもう使えない?! そんなことはありません! 今回は余った年賀はがきのおトクな活用法をお伝えします。

1.余った年賀はがきを懸賞に使う
年賀はがきは、「年賀」という部分を消せばふつうのはがきとして活用できます。でも、一般のお便りに使いまわすのは抵抗があるという方も多いでしょうから、懸賞用にするのがおすすめ。
懸賞に使うときでも、必ず「年賀」という部分を消してくださいね。さもないと、来年の元日に届くように配達されてしまう可能性もあるようです。
本当に懸賞が好きな人は、年賀はがきをわざと多めに買ってまずはお年玉くじを楽しみ、そのあと余ったはがきを懸賞にまわすそうですよ。

2.余った年賀はがきは手数料を払えば郵便局で交換できる
余った年賀はがきは、未使用なら5円を払えば郵便局でふつうのはがきと交換できます。これなら一般のお便りに使いまわせるようになりますが、5円分損をしてしまいます。もし金券ショップで3~5円引きで買った年賀はがきだとしても、トントンか2円程度の損です。
ふつうのはがきのほかに、切手やエクスパックにも交換できるので、ネットオークションなどでこれらをたくさん使うという方は、5円引きになってしまいますがこちらに交換してもいいかもしれませんね。

3.服喪で不要になったはがきは無料で交換できる
張り切って年賀状を用意して、さあ書こう! としたときに、近しい人の不幸があって喪中になったしまった……。服喪の場合であれば、未使用の年賀はがきは手数料を払わずに無料交換ができます。無料での交換期間は、その年賀はがき、年賀切手の発売日からその年の12月28日までです。服喪であることを申し出て、所定の手続きをとりましょう。

4.余った年賀はがきで国際貢献をする
NPO「シャプラニール」では、未使用や書き損じの年賀はがきを回収して郵便局で切手シートに交換したのち、専門業者で現金化。バングラデシュやネパールに暮らす恵まれない子どもたちの教育資金としています。また、ユニセフやほかの福祉団体でも同様の活動をしているので、今年の締めくくりに福祉活動に参加してもいいかもしれません。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。