新年に見直しを!子どもの教育費でトクする方法3選

1

読了目安[ 3 分 ]

子どもたちの将来のために、準備するべきことはたくさんあります。

進学時や独立時に備えたお金の貯蓄はもちろん、子ども自身がお金の使い方を知っておくための金銭教育も大事です。また、小さな頃から興味関心を伸ばすための習い事も欠かせません。
それらに備えていたとしても、忙しい毎日に流されて、あまり有用ではない出費をしている可能性もあります。この新年に、子どもにかかるお金について見直してみるのもいいですね。

大事なお子さんの教育費!税もしっかりチェック!!
子どもが大きくなった時に受け取る「学資保険」と、その代替商品となる「低解約返戻型の終身保険」、みなさんはどちらを選択していますか? どうしても目先の受取額を意識しがちですが、万が一の死亡リスクに着目して比較した場合、「低解約返戻型の終身保険」のほうが断然オトクです。なお、記事内のグラフでは、父親が保険加入の1年後に死亡した場合の実質受取額を比較しています。
記事をすべて読む

お年玉で、こども口座を開こう!
お正月、子どもたちが楽しみにしている「お年玉」。合計で数万円になった…という子も少なくありません。子どもにとっては大きな金額ですから、全部渡してしまうのは心配。それなら、子ども用の預金口座を開設してはいかがでしょうか。お年玉は金銭教育のチャンスでもあります。小さな頃から「貯金をしている」という自覚を持ってお金の管理に慣れておけば、将来「お金を貯めてやりたいことをする」と考えられるようになるのです。「こども口座」を開く時のポイントについても紹介します。
記事をすべて読む

子どもの習い事、思い切って棚卸しをしよう!この習い事はほんとに必要?
「お友達が通っているから」といった理由で始めることが多い子どもの習い事。本当に必要な習い事に通えているでしょうか。増えすぎてしまった習い事を整理するには、一ヶ月の上限を決めて、子どもが本当に続けたい習い事に絞ることが大事。それ以外は、自治体のサービスや学校の課外活動などを利用しても良いでしょう。記事内では、習い事を“やめるポイント”について紹介しています。
記事をすべて読む

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。