手作りなら購入するよりもお得に!おせちの材料を安く手に入れる方法まとめ

読了目安[ 3 分 ]

お正月に欠かせない料理は、なんといってもおせち。日本ならではの伝統料理ですよね。

でも市販のおせちを買うのはちょっと高い。そう感じている人も多いのではないでしょうか。だからといって、自分で作るのは大変。時間も手間もかかってしまいます。それでなくても忙しい年末。ゆっくり作っている時間などありませんよね。そこでおすすめしたいのが、市販と手作りをミックスした混合おせち。いつもの食事を作る感覚で、今年は家計にもやさしい混合おせち作りに挑戦してみませんか?

半分は市販の具材を使えば,安い・早い・おいしいの三拍子!

おせちの具材には、作るのが難しいものがあります。たとえば、かまぼこ、黒豆、伊達巻き、昆布巻き、ローストビーフ、海老のうま煮など。おいしく作れなくて大失敗なんていうことも。これではせっかくのお正月も楽しめません。作るのに時間も手間もかかる具材は、市販で調達する方が、安くて、早くて、おいしい場合があるのです。安いスーパーやローソンストア100などに行けば、かまぼこや黒豆、野菜などはとても安く手に入ります。

手作りすれば7,000円以下のおせちができます

作るのが難しい具材は市販のものを買うとして、その他の具材を手作りにすれば、7,000円以下でおせちを作ることができます。出来上がった市販のおせちを買うとなると、一般には1万円から、高級なものになると3万円以上するものもあります。食材を安いお店で調達して手作りにしたら、かなりの節約になります。
作った方が安くて簡単な具材には、田づくり、数の子、栗きんとん、大根と人参の紅白なます、ぶりの照り焼き、煮物などがあります。

たとえば、なますは千切りにして塩漬けし、砂糖とお酢で和えるだけ。
田づくりはごまめをあぶり、たれを混ぜるだけ。とっても簡単です。しかも、市販のおせちだと入っている具材は決められていて、あまり選ぶことができませんが、手作りおせちなら自分の好きな具を入れられますよね。自分流にアレンジできるところも魅力です。すべて市販のものを買えば数万円するところを7,000円以下に抑える、これぞかしこい節約方法。みんなで楽しくおせちを囲めば、一年間良い年が過ごせそうですね。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。