ビジネスの達人から学べ!給料アップに繋げる2016年の新習慣

読了目安[ 2 分 ]

年末年始の休暇で英気を養った後は、ビジネスのための新習慣を始めてみましょう。

参考にしたのは、トップクラスのビジネスマンたち。明日からすぐに始められることばかりですので、ぜひチャレンジしてみてください。

デキる人はみんな“声”がいい

最近ビジネス本のコーナーでよく見かけるのが“声”を扱った本です。オバマ大統領に代表されるスピーチやボイストレーニングといった分野は、アメリカのビジネスシーンでは進んでいますが、日本ではまだ発展途上。しかし、最近は社員教育にボイストレーニングを取り入れている日本の企業もあるようです。いい声とは、持って生まれた声のことではなく、「相手に伝えるための声が出せる」ということ。伝えることが苦手だと感じている人は、もしかしたら“声”に原因があるかもしれません。腹式呼吸を整えるなど、ネットで確認できる簡単なボイストレーニングもありますので、チェックしてみましょう。

非生産的な時間を取り除くための“瞑想”

スティーブ・ジョブズが行っていたことでも知られている瞑想。集中できない状態で仕事をして、結局良いアイデアが浮かばなかった…という経験は誰にでもあるのでは?瞑想をすると、集中力を向上させ、精神力を鍛えることができます。実際に、瞑想を続けた人が非生産的な仕事をしなくなったという科学的なデータも存在します。瞑想の方法は、5分〜15分程度、目を薄く開けて一点を見つめ(目を閉じても良い)、頭の中に浮かぶ雑念やプレッシャーを俯瞰で観察するだけ。今すぐにでも始めてみたい習慣です。

“雑談力”で自分の存在感をアピールする

次々と企画を実現する人たちを見ていると、いつの間にか交渉相手の懐に入り込んでいることに気づきませんか? 彼らに共通するのは、雑談ができることです。だからといって、彼らが根っからの“話し上手”とは限らず、コミュニケーションをとるために相手のことを下調べするなど、努力を欠かさない人が多いようです。ほんの少しの努力によって、自分のことを「この人は信頼できる」「また会ってみたい」と印象づけているのです。大切なミーティングの前には、企画内容だけでなく、本題に入る前にどんな雑談ができるのかを考えていくことが大事だと言えそうです。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。