〜ジュニアNISAって?〜高橋先生の教えて経済ニュース

読了目安[ 1 分 ]

一般のNISAであれば親が自分自身の名義で投資をしていきますが、ジュニアNISAというのは子供名義で口座を開設して子供名義のお金を親が代わりに投資していく制度になります。

投資期間についてはNISAもジュニアNISAも同じで5年間。5年間の利益に対する税金はかからないということになっております。

ジュニアNISAについては年間80万円までの投資が対象です。

ジュニアNISAを利用する際の最大の注意点は、18歳までは引き出すことができない点です。

資金がどうしても必要であれば引き出すことはできますが、その場合には非課税のメリットが利用できなくなってしまいます。

NISAが導入された背景には、個人個人が資産運用に取り組むサポートをしていこうという考えがあります。

貯蓄から投資へというスローガンで示されるように、個人が将来の資産形成を個人の責任でやっていかなくてはいけない時代になってきています。

動画はこちら

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。