安心して現地に貢献!人身・物損事故も保障するボランティア保険とは

読了目安[ 2 分 ]

ボランティア活動を積極的にやることはとてもいいことですね。

個人でどこかのNPO団体の活動に参加されてる方もいるでしょうし、最近は企業でもCSR活動の一環としていろいろと取り組んでいるところが多いです。

ところで、ボランティアと言えば被災地での活動に勤しむ人がいますが、被災地では活動するボランティアの人にとっても、過酷な環境なことが考えられますね。

そのため、万が一のときのための「ボランティア保険」という保険があります。

今回は、ボランティア保険の概要についてご紹介します。

ボランティア保険とは

ボランティア活動をする個人、団体のための保険で、全国の社会福祉協議会で申し込むことができます。

ボランティア活動は災害地の支援など危険にさらされることも少なくありませんし、長期にわたることも考えられます。二次被災に巻き込まれることもあるかもしれません。

またずっと屋外で活動して、熱中症などで体調を崩してしまう人もいるでしょう。

ボランティア保険は、これら活動中のケガや病気はもちろん、ボランティア活動に向かう途中の交通事故などもカバーしてくれます。

また、活動中に誤って人をケガさせたり、物を壊したりすることも考えられますが、その補償もカバーしてくれます。

ボランティア保険の加入と保障

ボランティア保険の加入は一人1口のみで、保険期間は毎年4月1日から3月31日までと決まっています。

補償金額の大きさによってAタイプとBタイプがあり、更に補償の範囲によって、基本タイプと天災補償付きタイプに分かれます。

天災補償付きでは、天災(地震・噴火・津波)に起因するケガも補償してくれます。

中途加入・中途脱退の場合も保険料は同じですが、安い保険料で補償はしっかりついていますので、ボランティア活動をする際にはぜひ加入をお勧めします。

ボランティア活動の定義

ボランティア活動の定義ですが、「(日本国内で)自発的な意思により他人や社会に貢献する無償の活動」とされています。

そのため、学校の管理下にあって学生自身の意思によらないボランティア活動、地域の親睦目的の町内会の活動、有償のボランティア活動などは、ボランティア保険の対象外です。

また、野焼き・海難救助など保険上対象外となっている活動もいくつかあるので、詳しくは社会福祉協議会に問い合わせてください。

もちろん、体調が悪い時の活動は控える・疲れたら休む・周囲との協力など、事故につながらないよう予防も心掛けてください。

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。