数値目標ことは作ると良いのか悪いのか?

数値目標を作ると良いか悪いか?

読了目安[ 4 分 ]


「ぶっちぎり社員育成塾」の第32話です。

会社で数値のノルマはありますか?

ノルマがある会社は多いと思います。
会社を存続させて行く以上、利益がないといけないので、それは仕方ないかも知れません。
利益を出すために、売上が必要です。
売上から利益を残すために、経費削減が求められます。
なので、両方の数値目標があると思います。主に、売上だと思いますが。

ノルマ達成のためにはどんなアプローチをすれば良いのか

その数値目標に対して、どういったアプローチを取れば良いでしょうか?

  • 数値目標を設定して、上司がプレシャーをかける
  • ロジックではなく、精神論でプレッシャーをかける
  • 数値的な成績を、面前で公表してプレッシャーをかける

こういうことをやってないでしょうか?

あなたが、まだ責任者じゃないのであれば、こういうのを受ける側のはずです。
その時に、どういう対応をしましょう?

どんな方法でノルマ達成するか

会社と上司の方針には、なかなか逆らえないかも知れません。
「数値目標をやめてください!」
って言う。
それが出来る会社は、ほぼないでしょう。
言ったとしても、
「じゃあ、どうするつもりなんだ」
「会社をどうやって運営していくつもりなんだ」
と言われるのがオチです。
なので、それはそれで仕方ない。

でも、自分の中では、違う目標を立てましょう
数値目標を、行動目標に落とすのです。
売上は、何かしらの行動で作られます。
行動がないところに売上は発生しません。
売上は、行動の結果ということです。

ノルマ達成に繋がる行動とは

なので、どういう行動をしたら、どういう結果になるのか?を分析しておきましょう。
それで、小さい結果が出るまでの流れが見えます。
それを積み重ねれば、最終的な売上になります。

数値目標だけ立てて、
「売上あげなきゃ!」
って思ってると、売上に結び付くアイディアが出にくい。
むしろ、お客様とか、行動にフォーカスして考えるべきなんですね。

数字だけでプレッシャーをかけて売上が上がるのでれば、誰でも出来ます。
誰でも売上が上げられます。
でも、そんなことないですね。
ちゃんとしたステップで、結果が出るように行動しないとダメです。
僕は、数字だけでプレッシャーをかけるのは、プラス面よりマイナス面の方が、もの凄く大きいと考えています。

行動目標にしましょう。ないのであれば、今日から作りましょう。

数値目標を作ると良いか悪いか?

若手育成コンサルタントによる「社員育成塾」

次へ:第33話 「正論で揉めてないか?」
『ぶっちぎり社員育成塾』バックナンバー

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。