お年玉で、こども口座を開こう!

1

読了目安[ 3 分 ]

お正月、子どもたちにとって一番のお楽しみといえるのがお年玉。

お年玉の合計が数万円になった…という子も少なくないでしょう。一方大人にとってはお金が出ていくばかりで、「子どもの頃はよかったなあ・・・」と思わずにはいられませんよね。
さて、お子さんのいる方に質問です。もらったお年玉、どう管理していますか?「ママ(パパ)が預かっておくね〜」といいながら、使ってしまったりしていませんよね?子どもにとっては大きな金額なので、全部渡してしまうのは心配だという人も多いかもしれません。でも、お年玉は子どもの金銭教育のチャンスでもあります。お年玉をきっかけに、親子でお金のことを話し合ったり、一緒にお小遣い帳を付けたりするのもいいですが、私のおススメは子ども専用の口座を開くこと。私自身も2人の子どもが小さいときに銀行に口座を開き、お年玉や入学などのお祝いでいただいたお金を預けるようにしていました。

もちろんもらったお金全部というわけではなく、その中からいくら預けるのかを話し合って決めるようにしていました(全部取り上げてしまうと、子どものテンションがかなり下がってしまうので・・・)。
子どもたち自身、その口座にあるのは自分のお金という意識が持てる上、お金が貯まっていくのを見るのはとてもうれしいことだったようです。
今年20歳になった娘に「自分のお金だから好きに使っていいよ」と通帳を渡しましたが、コツコツ貯めた自分のお金、パーッと使ってしまおうという気にはならないようです。
お金の管理というのは、大人にとっても結構大変なことですが、小さいころから自分の通帳を持たせることで、「お金を貯める」ことが自然とできるようになる気がします。「お金がないからあきらめる」のではなく、「お金を貯めてやりたいことをする」と考えられるようになるのです。

では子どもの口座、どこに開設すればいいでしょう。
ネット銀行などでも子ども口座は開設できますが、通帳に記帳することでいくら貯まっているか見ることができるため、できれば自宅の近くの銀行がおススメです。近ければ、子どもと一緒に通帳を持ってお金を預けに行くことができ、「自分のお金」という意識も持つことができます。
子どもの口座は、窓口に来店者(親)と子どもの本人確認書類(健康保険証や免許証)と印鑑を持参して申し込みをすれば開設できます。ただし、銀行によって必要な書類や年齢などの条件が違うため、口座を開こうと考えている銀行に一度足を運んで、確認してみるようにしましょう。
年に一度のお年玉の季節を、ぜひ子どもの金銭教育に役立ててくださいね。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。